2014年オールカマー重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2014年オールカマー成績はこちら

⇒ 2014年オールカマーレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2014年オールカマー全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2014年オールカマー.gif

結果3.gif

距離ロスが発生するコーナー部は、内を回した馬がやや有利。コーナーで外を回して距離ロスのあった馬は少々不利だった。ただ、机上でロス換算するなら通常の半分のロスで計算するぐらいが良さそう。

結果4.gif

7枠13番フラガラッハ「逆馬」
ロス半分で計算しても、ロス換算で勝ち馬に0.2秒の差を付けての実質1着。少々荒れた差せる良馬場の左回りコースがベスト条件で、それ以外の条件では厳しい。ただ、その条件が全て揃えば、まだまだ馬券に絡んで来そう。条件が揃えば人気薄でも積極的に狙いたい。

8枠16番フェイムゲーム「逆馬」
ロス半分で計算して、ロス換算で4着馬に0.1秒差負けの実質2着。4歳の秋を迎えて力を付けた今なら、フラットの差せる馬場ならG2,G3勝ち、フラットの差せるコースの差せる馬場の長距離戦なら、それが例えG1レース(ジャパンC)でも積極的に狙ってみたいと思えるほど。この秋期待の1頭。

結果5

まさかとは思うけど、天皇賞・秋までに東京の馬場が荒れて、ある程度力の要る差しの届く馬場なら、このレースの「逆馬」2頭のフラガラッハ,フェイムゲーム向きのレースなんですけど・・・まあ、そんな馬場にはならないでしょうね?(笑)

それ以前に、フェイムゲームは賞金が足りないので、天皇賞・秋,ジャパンCに出走することさえも出来ないでしょうね?(苦笑)

My注目馬以外にも、何頭かの馬にコメントを書き残しましたので、参考までに書いておきます。

マイネルラクリマ
こう乗って欲しいと思った通りの競馬をしてくれての1着。別定戦で完璧な競馬すれば勝って当然の能力の持ち主。

ラキシス
内枠から好位の内を回した順馬で2着。

クリールカイザー
内枠から内を回した順馬で3着。

アロマティコ
外枠も下げて内を回した三浦騎手の好騎乗。

カレンブラックヒル
内枠から内を回した順馬で7着。

ムスカテール
東京2500でこその馬。

トラストワン
イキナリの別定G2では荷が重すぎ。恵まれた条件じゃないとOPでは厳しい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)