2014年新潟記念重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

4枠7番アドマイヤタイシ「個人的注目馬」

函館記念(G3ハンデ):12着/1.0/5-5-5/力/BB/中

レースコメント:フラットな馬場でペースが速まって、やや差し馬に分がある地力勝負。

チェックコメント:内有利な馬場で内枠に入った時にだけ狙いたい馬。夏のローカルでこの条件にマッチすれば買いたい。

My注目馬には登録していませんが、ユールシンギングは前走新潟大賞典「力」で1着の、ステラウインドは前走函館記念「力」で3着の「地力馬」です。

予想2.gif

まずは新潟の馬場状態ですが、まだ若干内が優勢な感じです。最近の夏の新潟は馬場が荒れないですね。特に今年はロング開催だから気を使って手入れされているんでしょうけど・・・

続いてペースですが、基本的にメイショウナルトは速めのペースで逃げるタイプの逃げ馬なので、この馬としては平均ペースで逃げるんじゃないかと思います。ただ、この馬以外は行く馬が少ないので、メイショウナルトの大逃げになるかも知れません。実質的にはスローペースになるでしょう。

馬場状態とペース想定から、「勝ちポジ」は近年の新潟記念と同じく「内先行(内前)」になるんじゃないかと思います。

内先行

この「内先行(内前)」のポジションを走りそうな内枠(1~6番)の馬の中で、近走で「US」「CU」「内」「瞬」の軽い馬場で、先行して好走している馬(高指数の馬)を探すと、

・1頭も居らず・・・(苦笑)

ハンデ戦だし、「勝ちポジ予想理論」でも軸馬が居ないし、個人的には完全に見(ケン)する方向で考えてます(ハンデ戦な時点で見(ケン)が基本です)が、強引に軸馬◎を選ぶとすると・・・

・4枠7番アドマイヤタイシ

理由は、上記のMy注目馬コメントで書いた通りです。馬番が1つだけ外ですが、7番でも内枠っちゃー内枠なので。人気も無いし買うならこの馬ですかね?

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)