2014年関屋記念重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

1枠1番サトノギャラント「個人的注目馬」

中京記念(G3ハンデ):7着/0.5/16-16-15/SS/A/外

レースコメント:※通常のA,Bコースを回した馬をまとめてAコース、通常のCコースを回した馬をBコース、以下、通常のD,E,それ以上外をそれぞれ、C,D,Eとして表示した。
最終週で荒れた馬場に更に雨が降って非常にパワーの要る馬場。パワータイプの差し馬が好走。

チェックコメント:一発を狙ってコーナーで内を回したが、ここまで悪い馬場はさすがにキツかったように思う。度外視。フツーの差せるコースの差せる馬場で。

4枠7番ダノンシャーク「個人的注目馬」

安田記念(G1):4着/0.6/3-2/力/C/中

レースコメント:雨中の不良馬場で非常に時計の掛かるパワーの要る重い馬場で、重い馬場適性の無い馬にとっては厳しい馬場。前日から雨が降りしきる中でレースが行われたこともあり、コーナーも直線も内外何処を走っても大差のない状態で、ここまで馬場が悪化すると、コーナーで外を回す距離ロスが逆に堪える。ただ、このレースはハイペースになったことで差しも届き、レースタイプも「地力勝負」としたが、それでも外枠から外を回して差す競馬をした馬にとっては、非常に厳しい競馬。

チェックコメント:パドックで凄い気合。パドック気配からも調子は上がっていたんだと思う。もう少しペースが落ち着いていれば前が残せたハズなので勝ち負けできてた。パドックで凄い気合の時走る馬。

My注目馬には登録していませんが、「栄光の競馬新聞」の字面だけなら、ティアップゴールドは、前走外差しのレースでAを回して先行して0.3秒差の「逆馬」です。

予想2.gif

まずは新潟の馬場状態ですが、これからまだまだ雨が降る予報が出ていて、更に強く降る時間帯もあるようで、雨の量によっては馬場も変わると思いますが、土曜日の時点で外回りコースは、雨予報もあって馬場を固めていたようで、あからさまに内有利でした。

続いてペースですが、近走で逃げた馬がシルクアーネスト1頭で、先行馬も非常に少ないメンバー。2走前で逃げたシルクアーネストも超スローペースでの逃げだったので、撚ること無くフツーに考えればスローペースでしょう。

馬場状態とペース想定から、「勝ちポジ」は「内先行(内前)」、予報通り雨が沢山降って馬場がフラットになれば「前」になるんじゃないかと思います。

まず、土曜日の馬場が継続していると仮定して、「勝ちポジ」を「内先行(内前)」で予想してみます。

内先行

この「内先行(内前)」のポジションを走りそうな馬の中で、近走で「US」「CU」「内」「瞬」の軽い馬場で好走している内枠の高指数の馬を探すと、

有力馬居らず・・・

続いて、雨が沢山降って馬場がフラットになって「勝ちポジ」が「前」になってくれたら、

k前.gif

近2走で先行して指数上位の馬は、

ダノンシャーク(前走「力」で「100」)
サンレイレイザー(2走前「前」で「98」)
シルクアーネスト(2走前「前」で「97」)
ティアップゴールド(前走「SS」で「95」)

ダノンシャークがパドックで凄い気合ならフツーに本命◎。

穴馬▲は、前走「SS」を前で粘ったティアップゴールド

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)