2014年小倉記念重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

1枠1番メイショウナルト「地力馬」

七夕賞(G3ハンデ):1着/-0.3/1-1-1/力/AA/最

レースコメント:このレースを単独で分析すると「こりゃ断然内有利だったんじゃね?」との判断をしてしまいがちですが、このレースまでのレース(7,9,10R)も合わせて少し大きな視点で分析すると、雨が降ったり止んだりしたこともあって土曜日のような内有利な馬場ではなくフラットな馬場で、また、このレースのペースがある程度速めのペースで流れたこともあって、地力勝負が妥当と判断しました。

チェックコメント:内枠からスムーズにロスなく逃げることができたとは言え、地力勝負で0.3秒差完勝はフツーに考えて強い競馬。次走はハンデが重くなるし、馬場も枠順も変わるので何とも言えないけど、このレースが「内有利での好走」だとフロック視されて、変に人気を落とすようなら狙ってみても面白いかも?

6枠10番ニューダイナスティ「地力馬」

七夕賞(G3ハンデ):2着/0.3/9-8-7/力/AA/内

レースコメント:メイショウナルト参照。

チェックコメント:内枠からスムーズにロスなく追走することができたとは言え地力勝負で2着。次走もハンデは据え置きで重くなりそうにないので、同程度のメンバー相手にも関わらず、このレースが「内有利での好走」だとフロック視されて変に人気を落とすようなら、馬場や枠順次第では狙ってみても面白いかも?

予想2.gif

まずは小倉の馬場状態ですが、雨が沢山降れば馬場も変わると思いますけど、そんなことは現時点では分からないので、土曜日の稍重馬場の時点では、周回コースはフラットです。

続いてペースですが、前走逃げて完勝したメイショウナルトが最内枠から好スタートを決めてあっさり逃げればペースが落ち着くことも考えられますが、小回りの2000mのハンデ戦の多頭数の重賞レースだけに、さすがに人気馬にそんなにスムーズな競馬をさせることはしないと思うので、雨の重馬場も相まって平均ペース~ひょっとしたらハイペースまであるかも知れません。

馬場状態とペース想定から、ペースが平均ペースで落ち着けば「勝ちポジ」は「地力勝負」で、ペースが速まってハイペースにまでなれば「勝ちポジ」は「差し」。

「地力勝負」の予想は面白くないので、ここはハイペースの「差し」決着を期待して予想してみましょう。

k後.gif

「差し」のポジションを走りそうな馬の中で、近走で「差」「力」「SS」などの重い馬場で、差す競馬をして好走している馬(高指数の馬)を枠順不問で探すと、

10番ニューダイナスティ(前走「力」で差す競馬をして「100」)
12番ダコール(前走「力」で差す競馬をして「98」)

あと、休養明けになるので、個人的には本命に指名することはあまりないですが・・・

13番マーティンボロ(前走「瞬」も重い中京で差す競馬をして「97」)
14番ラストインパクト(前々走「力」で差す競馬をして「99」)

ハイペースの「差し」決着になれば、この辺が馬券に絡んでくるんじゃないかと思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)