2014年クイーンS重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2014年クイーンS成績はこちら

⇒ 2014年クイーンSレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2014年クイーンS全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2014年クイーンS.gif

結果3.gif

スタートしてから1コーナーまでの距離が短い札幌の1800m戦で大外枠の馬が果敢に逃げたことでハイペースに。内が有利な馬場でハイペースになれば、レースタイプは「CU:コーナー部内有利」になる。

結果4.gif

4枠6番スマートレイアー「逆馬」
ハイペースになって流れは向いたとは言え、外をブン回して差す競馬しかできないだけに、サスガに差し切るまでは行かなかった。とは言え、間違いなく一番強い競馬をしているので、札幌記念とかに出走してきたら面白いかも?

2枠2番キャトルフィーユ「個人的注目馬」
内から差す追い切りが非常に良かったし、当日のパドックでの歩様と気配が抜群に良かった。内枠から楽に内を回せたとは言え、ある程度前での競馬で粘り通したのは、調子が良かったこともあるけど、力が無いと無理。今後も注目。

結果5

今更ではありますが、キャトルフィーユのパドックでの歩様&気配に惚れてしまいました(笑)

キャトルフィーユ.jpg

名牝ウオッカや、今年の皐月賞馬イスラボニータを彷彿させるような柔らかい歩様。こういう歩様をする馬は、キレる脚を使う印象があるんですけど、この馬はそうでもないですね。彼女の性格(どうやら前の馬を抜こうとしないらしい)のせいもあるかも知れませんが(笑)

アロマティコ騎乗の三浦皇成ジョッキーは、前走に引き続き、内有利な馬場を意識して狙って内を取って、コーナーで内をロスなく回した好騎乗。今後も馬場傾向を意識した競馬を続けて行けば、G1制覇も近いのではないかと思います。

スマートレイアーはチェックコメントでも書いた通り、差せる馬場になった札幌記念とかが面白そう。ただ、今年の札幌記念は、差せる馬場ならベラボウに強い馬が何頭か出走してくるので、勝つまではどうかと思いますけどね(笑)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)