2014年中京記念重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

7枠13番サトノギャラント「逆馬」

谷川岳S(OP):2着/0.0/10-10/前/C/中

レースコメント:前残り。

チェックコメント:超スローの団子馬群の前残りを4角10番手から上がり最速で差すも差し返されて2着。少しでもペースが上がってれば

My注目馬には登録していませんが、フラガラッハは、前走鳴尾記念で3着の「地力馬」です。あと「栄光の競馬新聞」の字面だけなら、テイエムオオタカ,ブレイズアトレイル,マイネルディアベルは、前走内有利な馬場でCを回して0.2秒差の「逆馬」です。

予想2.gif

まずは中京の馬場状態ですが、最終週で中京らしい力の要るフラットな馬場です。

続いてペースですが、速いクロフネサプライズが居るし、内目の枠に入ったティアップゴールドは逃げて好走している馬だけに、今走は行きたいんじゃないかと思うので、スローペースになるとは思えず、馬場的にも平均ペース以上になるんじゃないかと想像します。

馬場状態とペース想定から、教科書通りなら「勝ちポジ」は「地力勝負」ですが、中京のマイル戦ということで、「前」と決め打ちして予想してみます。

k前.gif

近5走(2014年に入ってから)で、先行して上位指数の馬は、

・指数1位:98=クラレント(2走前「US」)
・指数2位:98=マジェスティハーツ(3走前「CU」)
・指数3位:97=クラレント(3走前「力」)
・指数3位:97=クロフネサプライズ(2走前「瞬」)
・指数5位:96=ブレイズアトレイル(3走前「瞬」)

更に、力の要る馬場状態なので、「力」「差」「SS」などの力の要る馬場での高指数だけをピックアップすると、

クラレント

のただ1頭になりますが、最内枠というのは、今の馬場ではいかにも不利な枠順。ということで、時間を掛けて色々と考えてみましたが、ハンデ戦ということもあるし、個人的には買える馬が居ませんでした(苦笑)

あえて買うなら、「瞬」とは言え、差し追込み有利な馬場だった阪神牝馬Sで逃げて0.2秒差で凌いだクロフネサプライズかな?「SS」の桜花賞でも前で競馬して4着に凌いでたので、力の要る馬場でも走れそう。前走の負けで一気に人気落ちてるけど、その前走は軽い馬場だった。うん、あえて買うなら、クロフネサプライズかな?

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)