2014年函館記念重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

5枠9番ダークシャドウ「逆馬」

エプソムC(G3):3着/0.2/8-10-10/CU/C/中

レースコメント:内有利な馬場で、更にペースも緩んで馬群が団子になったことで、枠ナリにコーナーで外を回さざるを得なかった外枠の馬にとっては、非常に厳しいレースになった。

チェックコメント:直線で前を走っていた勝ち馬が壁で残り300mを切るまでシッカリ追えなかったのが痛かった。59kgを背負って0.2秒差なら勝ちに等しい。輸送のないレースでこの程度のメンバーが相手ならば、まだまだ勝ち負けできる。

7枠14番バウンスシャッセ「地力馬」

オークス(3歳牝馬G1):3着/0.1/7-7-8/力/AB/中

レースコメント:距離が長くなれば長くなるほど、コーナーで外を回しても不利にならない内外フラットな馬場で、更に距離が長くなれば長くなるほど、最後の直線で馬場の外を走る差し馬が十二分に差し脚を活かせる馬場。まさにハープスターのための馬場になっていた(造っていた?)。

チェックコメント:フラットで地力の要求される馬場でこの馬が走れる馬場だったし、それ以上に、パドックの気配がもの凄く良かったことから、調子が最高潮に良かったんだと思う。

8枠16番アドマイヤタイシ「地力馬」

鳴尾記念(G3):3着/0.0/3-3-3/力/BB/中

レースコメント:馬場としては内有利も周回コースは地力が必要で、このレースは前後半のラップだけを比較するとスローペースも、残り6Fで12.0秒の後はずーっと11秒台のラップが続き、意外と厳しい競馬だったように思う。

チェックコメント:先行勢がタレて差し馬が台頭してきた中、外枠から先行してBB回しながらタイム差無しの2着は立派。4-11-5-8という成績が表している通り勝ち切れないも、馬体絞れて復調した。ローカルのG3で、前が残せる競馬になりそうなら勝ち切れるかも。

予想2.gif

まずは函館の馬場状態ですが、土曜日の競馬を見る限り、最終週になってようやく外を回した馬が馬券に絡んで来れるフラットな馬場になった印象です。特に周回コースはフラットです。

続いてペースですが、逃げ先行馬は少なめな印象ですけど、2走前にもの凄い競馬で圧勝したグランデッツァは、秋山騎手に戻って外枠から気分よく行かせるでしょうから、ある程度速めのペースになるんじゃないかと想像します。

馬場状態とペース想定から、「勝ちポジ」は「地力勝負」になると考えます。

kフラット.gif

近3走の指数上位馬(地力上位馬)は、

・指数1位:102=グランデッツァ(2走前の「差」)
・指数2位:101=トウカイパラダイス(2走前の「US」)
・指数3位:99=アドマイヤフライト(3走前の「US」)
・指数4位:98=アドマイヤタイシ(前走の「力」)
・指数5位:96=ラブイズブーシェ(前走の「CU」)
・指数5位:96=ダークシャドウ(前走の「CU」)
・指数5位:96=アスカクリチャン(3走前の「力」)
・指数5位:96=トウカイパラダイス(3走前の「瞬」)

ハンデ戦とは言え、先週までの馬場で内枠を引いたらアドマイヤタイシを買いたかったんですけど、フラットな馬場で大外枠。この馬はなんかツイてない馬ですね(苦笑)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)