2014年七夕賞重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2014年七夕賞成績はこちら

⇒ 2014年七夕賞レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2014年七夕賞全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2014年七夕賞.gif

結果3.gif

このレースを単独で分析すると「こりゃ断然内有利だったんじゃね?」との判断をしてしまいがちですが、このレースまでのレース(7,9,10R)も合わせて少し大きな視点で分析すると、雨が降ったり止んだりしたこともあって土曜日のような内有利な馬場ではなくフラットな馬場で、また、このレースのペースがある程度速めのペースで流れたこともあって、地力勝負が妥当と判断しました。

結果4.gif

1枠2番メイショウナルト「地力馬」
内枠からスムーズにロスなく逃げることができたとは言え、地力勝負で0.3秒差完勝はフツーに考えて強い競馬。次走はハンデが重くなるし、馬場も枠順も変わるので何とも言えないけど、このレースが「内有利での好走」だとフロック視されて、変に人気を落とすようなら狙ってみても面白いかも?

2枠4番ニューダイナスティ「地力馬」
内枠からスムーズにロスなく追走することができたとは言え地力勝負で2着。次走もハンデは据え置きで重くなりそうにないので、同程度のメンバー相手にも関わらず、このレースが「内有利での好走」だとフロック視されて変に人気を落とすようなら、馬場や枠順次第では狙ってみても面白いかも?

4枠7番マイネルラクリマ「地力馬」
このレースが「内有利だった」と考えている人が次走で飛びつきそうなので、次走はあんまり妙味はないと思うけど、今までのパフォーマンスを見て分かる通りフツーに強い馬。なぜハンデ戦を選んで出走してるのかが意味不明で、中山記念とかエプソムCのパフォーマンスを見れば分かる通り、個人的にはハンデ戦よりも別定戦に出走して欲しい。例えば、この夏なら札幌記念とか。

結果5

ブログなどでレース回顧を書いている多くの人(元騎手や有料予想を販売しているような有名人含む)が、このレースの評価を「圧倒的に内有利だった」としているけど、その評価には個人的に少々疑問です。

上でも書いたとおり、7,9,10Rの結果を加味すれば、内有利な馬場だったなんて評価は、僕には出来ません。ペースもソコソコ速かったし。

例えば、同じ2000m戦の9Rは、メイショウナルトと同じように最内をロスなく回して逃げた1番人気馬が3着に負けていて、1,2着馬は「BC」を回す少々ロスのある競馬をした馬でした。レースラップも七夕賞と似たようなラップで、前後半は+0.9秒。

10Rは、ハイペースでも内先行有利になっていた1200m戦で、ソコソコペースが速かったとはいえ、「D」を回した馬が2着で、「C」回して追い込んだ11番人気の馬が3着。

もし、七夕賞が「圧倒的に内有利だった」のならば、9Rの1,2着馬や、10Rの2,3着馬は、めっさ強い馬という評価になります。

まあ、この辺の評価は人それぞれなので何も言いませんが、僕的には7R以降は「地力勝負」と判断しました。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)