2014年ラジオNIKKEI賞重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

7枠13番ピオネロ「個人的注目馬」

白百合S(3歳OP):2着/0.0/6-6/CU/B/中

レースコメント:超Hペースのコーナー部内有利。

チェックコメント:超HペースのCUをB回してA回した勝ち馬にタイム差無しの2着はロス換算で1着。地力勝負になれば強い。

予想2.gif

まずは福島の馬場状態ですが、土曜日の時点では雨の影響が残っていて馬場が緩くなっていたこともあって、周回コースはフラットな馬場でした。馬場が乾けば内優勢に変化するかも知れませんが、現時点ではフラット想定です。

続いてペースですが、「栄光の競馬新聞」の馬柱を見てもらえれば一目瞭然、前走がピンク色の馬が4頭も居て、特に外枠のイダスはかなりのペースで逃げるタイプの馬。前走逃げて圧勝したハドソンヤードも行きたいでしょうから、フツーに考えるとスローペースになることは考えにくく、平均ペース~ハイペースまであり得そうです。

馬場状態とペース想定から「勝ちポジ」は「地力勝負」になると考えます。

kフラット.gif

近走の指数上位馬(地力上位馬)は、

・指数1位:103=ピオネロ(前走の白百合S「CU」)
・指数2位:102=クラリティシチー(2走前の皐月賞「力」)
・指数3位:100=クラリティシチー(3走前のスプリングS「力」)
・指数3位:100=ショウナンワダチ(2走前のニュージーランドT「SS」)
・指数3位:100=ピオネロ(2走前の青葉賞「瞬」)

ただ、このレースはハンデ戦ですので、能力だけで決まりません。ということで、毎度毎度言ってることですが、個人的にハンデ戦はかなり苦手にしています(苦笑)

誰か、ハンデ戦を得意にしている方って居ませんでしょうか?「オレ(アタシ)は毎年ハンデ戦はプラスだよ!」という方、居られましたら、どうアプローチすれば良いのか、ご教授いただければ嬉しいですm(_ _)m

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)