2014年宝塚記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2014年宝塚記念成績はこちら

⇒ 2014年宝塚記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2014年宝塚記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2014年宝塚記念.gif

結果3.gif

中盤でかなりペースが緩んでからのロングスパートで、ペース的にも馬場的にもコーナーで最内を回した馬が圧倒的に有利なレースになって、コーナーで外を回した差し馬にとっては、非常に厳しいレースになった。

結果4.gif

8枠11番ゴールドシップ「逆馬」
フツーにスタート出るも、いつも通り二の脚無く後方に下がるも、外枠だったことと1コーナーまでの距離が長いことが功を奏して、ジワーっと先行して1コーナーまでに楽に好位を取った。「この時点で勝負アリ!」と言いたいところも、先行したとは言え、コーナーで外々回して距離ロスが大きかったことも事実で、このレースは驚異的に強い競馬をしての圧勝だったと言える。力の要る馬場は本当に強い。

5枠5番カレンミロティック「個人的注目馬」
追い切りが非常に良く、パドック気配も非常に良かったことから、調子が凄く良かったんだと思う。上滑りする馬場が滅法苦手な馬だけに、レース前に雨が降らなかったことが良かった。パワーの要る馬場は得意で、単純なロス換算でもゴールドシップに次ぐ2着。胸を張って良いと思う。

6枠7番ウインバリアシオン「逆馬」
後方から外々回して差す競馬は、最も厳しい競馬をした。それでいてゴール前は良い脚で差してきているので、やはり力があることを証明した。単純なロス換算ではカレンミロティックに及ばないも、最も厳しい競馬をしたことを考えれば、ゴールドシップの次の評価をしてあげても良さそう。

結果5

兎にも角にも、ゴールドシップが強かった。ぜひとも凱旋門賞へ!

前半ペースが緩んで、坂もあってパワーが要るロンシャン競馬場の2400mは、ゴールドシップに最も合う舞台やと思う。東京2400に未練のあるオーナーをぜひとも説得して欲しい。

あと、上記の馬以外にも、多くの馬にコメントを残したので、参考までに書いておきます。

ヴィルシーナ
展開が向いての好走。この馬の後ろが大渋滞したことからも、実質的には掲示板外かな?

ヒットザターゲット
内枠から最内をロスなく回したユタカさんの好騎乗。直線も上手く捌けたし。

デニムアンドルビー
内枠から最内をロスなく回したにも関わらず意外と伸びなかった印象。牡馬相手ではやっぱり少し力差があるかな?牝馬限定なら。

フェイムゲーム
先行したのには驚いた。フラットな馬場の長距離戦で差す競馬が最も合ってそう。

ホッコーブレーヴ
直線で前が壁になる不利は、最内枠から内をロスなく回して直線も内を突く競馬をしたので仕方ない。度外視で良いのでは?

ジェンティルドンナ
軽いフットワークの馬だけに馬場が合わない。それは戦績からも明らか。パドックでのチャカツキはいつものこと。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)