2014年安田記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2014年安田記念成績はこちら

⇒ 2014年安田記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2014年安田記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2014年安田記念.gif

結果3.gif

雨中の不良馬場で非常に時計の掛かるパワーの要る重い馬場で、重い馬場適性の無い馬にとっては厳しい馬場。前日から雨が降りしきる中でレースが行われたこともあり、コーナーも直線も内外何処を走っても大差のない状態で、ここまで馬場が悪化すると、コーナーで外を回す距離ロスが逆に堪える。ただ、このレースはハイペースになったことで差しも届き、レースタイプも「地力勝負」としたが、それでも外枠から外を回して差す競馬をした馬にとっては、非常に厳しい競馬。

結果4.gif

8枠17番ワールドエース「個人的注目馬」
大外枠から外を回して差す競馬は最も厳しい競馬だけに、結果的に大外枠が堪えた。パワーの要る馬場も走れる下地はあったけど、前走結果からも良馬場の方が良いのは間違いない。

結果5

展開と騎手の好アシストもあってハナ差でも差し切り勝ちは、サスガ世界一です。

My注目馬に入れた馬は上記のワールドエース1頭ですが、その他の馬にもコメントを書き残しましたので、参考までに書いておきます。

ジャスタウェイ
ハイペースで差しが届く流れになったのも良かったし、善臣騎手がNHKマイルCのロサギガンティアのような後方から大外を回すアホ騎乗をしなかったのも勝ち切れた大きな要因。このレースに限っては善臣騎手の好騎乗。

グランプリボス
前走結果からまだまだ衰えはないとは思ってたけど、休養明け初戦ではサスガに狙えない。パワーの要る差せる馬場も合っていた。

ショウナンマイティ
パドック気配からも調子は上がっていたんだと思う。極力ロスなく回して、直線も内を突いた北村宏騎手の好騎乗。パワーの要る馬場も合ってた。ただ、骨折判明で残念。

ダノンシャーク
パドック気配からも調子は上がっていたんだと思う。もう少しペースが落ち着いていれば前が残せたハズなので勝ち負けできてた。

サダムパテック
外枠から外を回して差す競馬は最も厳しい競馬。パワーの要る馬場で距離もこれぐらいが合っているんだと思う。

フィエロ
外枠から外を回して差す厳しい競馬。パワーの要る馬場で距離もこれぐらいが合っている。逆に、それでも0.8秒差の8着で、似たような競馬をして、更に外を回したワールドエース,サダムパテックに負けているのは、現時点での地力の差かなと思う。

グランデッツァ
ややビッコ気味の歩様で悪い時のパドック気配も、もう少し上の着順に入れるかと思ってたけど案外な結果。左回りがダメなのかは、まだ分からない。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)