2014年東京優駿(日本ダービー)重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2014年東京優駿(日本ダービー)成績はこちら

⇒ 2014年東京優駿(日本ダービー)レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2014年東京優駿(日本ダービー)全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2014年東京優駿(日本ダービー).gif

結果3.gif

大きく引き離して逃げた逃げ馬以外の後続馬群は実質スローペース。内有利な馬場でスローペースになれば内先行有利になって当然。

結果4.gif

7枠13番イスラボニータ「逆馬」
外枠も馬ナリで楽に先行していく途中で1コーナーまでに両隣の馬に当てられて馬が少々エキサイトした。直線残り400m過ぎまで馬ナリで外から勝ち馬が来たのを見計らって満を持して追い出すも、完全マークしていた勝ち馬に差し切られた。枠順が明暗を分けたのは間違いない。当然ながら力負けではなく、単純なロス換算では5着馬と1着同着。

7枠14番タガノグランパ「逆馬」
この好走は驚いた。先行したとは言え、3~4コーナーでは少々外を回す距離ロスがあったので、単純なロス換算では勝ち馬と同着の3着。皐月賞の惨敗は何だったのか(苦笑)

3枠5番トゥザワールド「逆馬」
パドックでの気配が非常に良かったので、この馬が勝つと確信してただけに、1コーナーまでに位置を取りに行くこと無く、後方の外を回すという最近の川田騎手らしくない超ヘタッピな競馬にはガッカリ。折角の内枠が台無し。単純なロス換算では2着馬と同着の1着なので、力負けではない。秋の巻き返しに期待。

結果5

ノリさんの好騎乗によるダービー制覇。蛯名騎手は本当にツイてない。

トゥザワールドのパドックを一目見て、このレースの勝ち馬はトゥザワールドだと確信して、トゥザワールド軸で馬券も買って、余裕シャクシャクでレースを見ていたら、1コーナーを回る際に後方の外を回す川田騎手にガク然(涙)

最近の川田騎手には無かった大チョンボ。ダービーという舞台がそうさせたのか?

「川田騎手もまだまだやなー」と、減ったPAT口座の残金を見て少し涙目になりながら橋口先生のインタビューを見て「皇太子殿下,ノリさん,ワンアンドオンリー,前田オーナーの誕生日が一緒やったんやなー。」と思い返した2014年の日本ダービーでした。

橋口先生のインタンビュー.jpg

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)