2014年NHKマイルC重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

3枠6番ベルルミエール「逆馬」

ニュージーランドT(3歳G2):3着/0.2/2-3-3/SS/BC/内

レースコメント:フラットな馬場で、外回りコースはやや外を回した方が競馬がし易い感じ。このレースはハイペースになって、馬場傾向も影響して外差し決着になった。

チェックコメント:フラットな馬場で大外枠が不利にならないにも関わらず想定外の人気薄で絶好の狙い目も、前の2頭がハイペースで引っ張ったことで外差しが届くレースになってしまったのが残念。それでもアワヤのところまで粘っていたのは力ある。少しでもペースが緩んで前が残せるレースになれば、ここ2走の内容からも粘り込んでも全然不思議じゃない。ペース次第では重賞も勝てる。

4枠7番ホウライアキコ「逆馬」

桜花賞(3歳牝馬G1):4着/0.3/10-10/C/中

レースコメント:1頭大逃げでペースが速まり馬群が縦長になって、実力のある差し・追い込み馬にとってはコーナーでの距離ロスがほとんどない願ってもない展開になり、差し脚がいかんなく発揮できるレースとなった。ただ、馬場としては土日とも固い軽い馬場で、少なからずコーナーで外を回した距離ロスは結果にも影響していると思うので、レースタイプを「CU」とした。

チェックコメント:1~3着馬よりも1頭分外を回すロスあって0.3秒差は、単純なロス換算で0.15秒着差は縮まり、3着馬には0.05秒差となる計算。デイリー杯2歳Sで強い競馬をした軽い馬場で巻き返した。ただ、気性からマイルが限界だと思うので、NHKマイルCが軽い馬場で行われたら狙ってみても良いかも。

4枠8番サトノルパン「逆馬」

ファルコンS(3歳G3):2着/0.0/13-10/差/C/外

レースコメント:中京らしい内外フラットな馬場で超ハイペースになって差し決着。ただ、超ハイペースでも馬群は比較的団子状態で、8着までと9着以下との間に0.8秒もの差が付いている。ひょっとしたらこのレースを経験したことがプラスに出る可能性があるので、1~8着馬の次走以降には少し注意したい。

チェックコメント:追い切りの動き(フットワーク)が良く、デキも良かったと思う。出遅れ。直線で残り200mまで前が壁で追えなかった。追えていれば逆転してた可能性もある。勝ち馬は全てがマッチしての1着なので、フツーに考えればこの馬の方が上。

5枠10番ミッキーアイル「個人的注目馬」

アーリントンC(3歳G3):1着/-0.6/1-1/US/A/最

レースコメント:開幕週の内優勢馬場で顕著に内有利。

チェックコメント:前走同様に内優勢馬場の少頭数の外枠発走を逃げて1着。ただ、前走はスローペースに落として2着馬に差を詰められたけど、このレースでは意識してかソコソコ速めのペースで逃げて0.6秒差の圧勝。やはり速めのペースで逃げた方が強い競馬ができるみたいで、それは今回のレースで浜中騎手や音無調教師も再確認したと思う。今後も変に溜める競馬や、ましてや控える競馬はしないように思うし、個人的にもその方が良いと思う。

予想2.gif

まずは東京の馬場状態ですが、開幕週,先週同様フラットな馬場です。マイル戦でスローペースなら前が残せますが、平均ペースになると外を回した差し馬でも十分届きます。

続いてペースですが、ミッキーアイルはスローに落として後続を引き付けて逃げるタイプの馬ではなく、速めのペースで後続に脚を使わせるタイプの逃げ馬なので、スローペースになることは考えにくく、平均ペースと考えるのが妥当です。

馬場状態とペース想定から、「勝ちポジ」は「地力勝負」になるんじゃないかと想像します。

kフラット.gif

「地力勝負」の場合は、馬の絶対能力が問われるので、基本的に地力上位の人気上位馬での決着になるのが普通です。

指数上位馬(地力上位馬)は、

・指数1位:91=ロサギガンティア(2走前のスプリングS「力」)
・指数2位:90=ロサギガンティア(前走の皐月賞「力」)
・指数3位:89=ショウナンアチーヴ(前走のニュージーランドT「SS」)
・指数3位:89=ミッキーアイル(前走のアーリントンC「US」,3走前のひいらぎ賞+4「力」)
・指数3位:89=ショウナンワダチ(前走のニュージーランドT「SS」)
・指数6位:88=ホウライアキコ(前走の桜花賞「CU」)
・指数7位:87=アドマイヤビジン(前走の桜花賞「CU」)
・指数7位:87=ベルルミエール(前走のニュージーランドT「SS」)

東京コースの地力勝負レースなら、過去に高指数を出している馬の中から更に、

「US」で差す競馬をした「逆馬」>「力」で勝ち負けした「地力馬」>「差」「SS」で好走した馬

の順番で軸馬を探していきます。ということで、普通に予想したら軸馬はロサギガンティアですね。

あと、恒例のG1レース解説(予想)ビデオを撮りましたので、参考にできるところがあれば参考にしていただければと思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)