2014年桜花賞重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

5枠9番フォーエバーモア「個人的注目馬」

クイーンC(3歳牝馬G3):1着/-0.0/2-2/CU/B/中

レースコメント:ペースによって有利不利が変化する馬場で、このレースはペースが緩んで馬群が団子になり、コーナーで内をロスなく回した馬が有利なレースになった。

チェックコメント:ペース緩んで前半掛かるも、残り200mまで馬ナリで余力十分の完勝。2着馬に詰め寄られたように見えたけど、ゴールを過ぎてから再度突き放しているので、かなり力を残しての勝利だったハズ。次走の桜花賞はもう少しペースが上がると思うし、今よりもまだ成長しそうなので、少しでも内が有利な馬場状態ならば、強い2頭を逆転することまで考えて良さそう。

6枠12番レッドリヴェール「地力馬」休養明け

阪神JF(2歳牝馬G1):1着/-0.0/8-8/力/B/中

レースコメント:フラットな馬場の阪神外回りコースで速めのペースで流れたことで、絶対的能力が必要な地力勝負レースになった。これだけのメンバーが揃っていてタイム差なしでゴールした上位3頭は、当然ながらクラシックでも主役になるでしょう。

チェックコメント:字面が-8kgだったことだけでなくパドック映像を見る限りも細く映ったし、チャカツキもあったので「こりゃダメやなー」って思ってたのに、絶好位からの競馬だったとは言え差し切って勝ち切ったのには驚いた。改めてこの馬の地力と勝負根性を思い知らされた。当然ながらクラシックでも注目!

7枠13番アドマイヤビジン「逆馬」

フィリーズレビュー(3歳牝馬G2):4着/0.2/7-6/US/E/中

レースコメント:内優勢な馬場でペースも速くならず団子馬群になれば、内先行「US」の位置に居た馬が断然有利。枠ナリに外を回すことになった外枠の差し馬にとっては厳しい競馬。

チェックコメント:単純な距離ロス換算では勝ち馬に0.4秒勝っていて、勝ち馬が直線で待った時間的,加速力的なロスを考慮しても、1馬身程度は突き放せてる計算。枠が逆なら間違いなく逆転してたでしょう。距離不安が無きにしも非ずも、この調子を維持できれば、桜花賞の伏兵候補の1頭に名を連ねそう。

7枠14番マーブルカテドラル「逆馬」

アネモネS(3歳牝馬OP):4着/0.4/14-13-6/CU/DE/中

レースコメント:コーナー部内有利。

チェックコメント:CUを後方からDE回す超ロスしてロスなく逃げた勝ち馬に0.4秒差は単純なロス換算では負けてない。能力を過信し過ぎた。

8枠18番ハープスター「地力馬」

チューリップ賞(3歳牝馬G3):1着/-0.4/12-12/力/C/外

レースコメント:内外フラットな馬場で平均ペースで流れて地力勝負。

チェックコメント:川田騎手がスタート直後からスムーズな競馬を意識した騎乗。全く無理することなく後方2番手から外を回して直線大外からムチ無しで楽に0.4秒差圧勝は、このメンバーなら当然。唯一の心配は、桜花賞が内有利な馬場でスローペースになった時だけ。

My注目馬には登録していませんが、ヌーヴォレコルトリラヴァティは、チューリップ賞で2,3着の「地力馬」です。

予想2.gif

まずは阪神の馬場状態ですが、コーナー部分は内有利で、直線は外からの差しも十分に届く感じです。つまり、レースタイプで言えば「コーナー部内有利(CU)」になり易い馬場です。

続いてペースですが、フクノドリームに横山和生騎手が乗ってきたので、彼の個性を活かして逃げの競馬をしてくるでしょう。それより内に、逃げ馬ニホンピロアンバー、逃げて好成績を挙げてきたペイシャフェリス,コーリンベリー,カウニスクッカが居るので、スローペースになるとは考え難く、フツーに考えれば平均ペース~ハイペースでしょう。

馬場状態とペース想定から、「勝ちポジ」は「内差し(内後)」のポジションじゃないかと想像します。

k内後.gif

ということで、「内枠」の「差し・追い込み馬」の中から選ぶのが基本ですが、このレースには見当たりませんよね?(笑)

あと、馬群が縦長になりそう(阪神ジュベナイルフィリーズみたいな馬群)に思うので、そんなに外を回すロスを考えなくて良いんじゃないかと思います。できれば、内を意識している騎手が良いのは間違いないですが、枠順関係なしに能力のある差し・追い込み馬から軸馬を選ぶと、その馬は・・・

18番ハープスター(チューリップ賞1着,指数「87」、阪神JF2着,指数「85」)

買えませんねー(笑)

で、無理やりに穴馬を探したら(その様子と過程について詳しくは下のビデオで・・・)、レーヴデトワールに行き着きました。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)