2014年弥生賞重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2014年弥生賞成績はこちら

⇒ 2014年弥生賞レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2014年弥生賞全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2014年弥生賞.gif

結果3.gif

時計が掛かる力の要る内外フラットな馬場で、軽い馬場が得意な馬にとっては全く力を出すことができないパワー寄りの馬に有利な馬場。このレースは前半スローも向こう正面からペースが速まって持久力の必要な地力勝負レースになった。

結果4.gif

7枠10番トゥザワールド「地力馬」
追い切りの動きが抜群でデキ自体が非常に良かったんだと思う。ただ、パドックを見た感じではまだ絞れそうな身体つきで、ピークに仕上げたような印象ではなかった。黄菊賞を見た岡田総帥が「この馬は重馬場など時計の掛かる馬場の方が良い」と評価したのが的確な評価だったことを証明。スローからヨーイドンのキレ味(瞬発力)勝負よりも、力の要る馬場での持久力勝負の方がより力を発揮することができるのでしょう。近年の傾向から、今年の皐月賞,ダービーもどちらかと言うと持久力勝負寄りのレースになりそうなので、この馬が春のクシック戦線の主役に躍り出た印象。

7枠11番ワンアンドオンリー「地力馬」
勝ち馬同様、この馬もスローからヨーイドンのキレ味(瞬発力)勝負よりも、力の要る馬場での持久力勝負の方がより力を発揮することができるタイプの馬で、近年の傾向から、今年の皐月賞,ダービーもどちらかと言うと持久力勝負寄りのレースになりそうなので、この馬が春のクシック戦線の主役の1頭なのは間違いない。

3枠3番アデイインザライフ「地力馬」
随分と馬体が絞れたからなのか、無理に追っ付けること無く楽に先行できた。とは言え、パドックでは相変わらず大人しくてハキがない(笑) 更に調教を積んで皐月賞を使って、もっと走る気を出してくれば、ダービーは面白い存在になるかも知れない。この馬も1,2着馬同様、スローからヨーイドンのキレ味(瞬発力)勝負よりも、力の要る馬場での持久力勝負の方がより力を発揮することができるタイプの馬。

5枠6番キングズオブザサン「個人的注目馬」
スタートで若干出遅れて後方からの競馬に。最後の直線では進路を内に取って追い辛い場面がありながらも、馬と馬の間を割って5着。皐月賞に向けての良い経験・試走になったんじゃないかと思うし、皐月賞では枠順にもよるけど本来の先行して押し切るパターンに戻すんじゃないかと思う。そうであれば、このレースの勝ち馬との着差は随分と詰まるんじゃないかと思う。この馬も1~4着馬同様、スローからヨーイドンのキレ味(瞬発力)勝負よりも、力の要る馬場での持久力勝負の方がより力を発揮することができるタイプの馬。

結果5

今年のクラシック戦線が去年の傾向を引き継いで、パワー寄りの力の要る馬場で行われるとしたら、この弥生賞の上位馬が馬券圏内を賑わすことになりそうです。

あと、上に挙げた馬以外も条件付きでMy注目馬にチェックした馬が居るので、その馬たちのコメントも書いておきます。

サトノロブロイ
重い馬場よりも軽い馬場向きの馬。このレースは度外視できて、軽い馬場で見直し。

エイシンエルヴィン
重い馬場よりも軽い馬場向きの馬かも知れない。このレースは度外視して、軽い馬場で見直してみたい。

アグネスドリーム
重い馬場よりも軽い馬場向きの馬。このレースは度外視できて、軽い馬場で見直し。

ウンプテンプ
重い馬場よりも軽い馬場向きの馬。このレースは度外視できて、軽い馬場で見直し。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)