2014年AJCC重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

4枠8番マイネオーチャード 格下の「地力馬」

クリスマスC(1600万):1着/-0.4/12-11-6/力/CE/中

レースコメント:力勝負。

チェックコメント:力の要る馬場の力勝負で0.4秒差完勝。この日重すぎてロスが堪える馬場で大外ブン回して勝ったのはこの馬だけ。差し馬だけに、フラット~外差し、あるいは直線の長い差せるコース向き。力の要る馬場で強い!

My注目馬には登録していませんが、ダービーフィズはディセンバーSで3着の「地力馬」です。

予想2.gif

まずは中山外回りコースの馬場状態ですが、マイル戦での評価ですが、ペースが緩めば内優勢で、ペースがある程度流れればフラットといった感じです。午前中に少し雨が降りそうなので、今日よりは時計が掛かってフラット寄りの馬場になるんじゃないかと想像してます。

続いてペースですが、13番サトノシュレンがここ2戦で暴走気味に逃げて大敗しているので、今走はゆったりしたペースを作るように思います。となると、4番コスモファントムが逃げるレースになるかも知れません。どっちにしても行きたい馬が居ないのでスローペースになるんじゃないかと思います。

馬場状態とペース想定から、前が残すレース、つまり「勝ちポジ」は「前」のポジションに居る馬じゃないかと想像します。

前.gif

この「前」のポジションを走りそうな馬の中で、過去に「US」「CU」「内」「瞬」の軽い馬場以外のフラットな馬場で先行して好走している馬(高指数の馬)を探すと、

7番ダノンバラード(オールカマー「力」1着、指数「93」,宝塚記念「力」2着、指数「96」)

ぐらいしか居なくて、この馬が軸馬候補です。栄光の競馬新聞を見てもらえれば分かる通り、ここ2走は度外視できるレースです。想像以上に人気がなくてビックリしてますけど、多分明日はもう少し人気してくると思います。

あと、あえてもう一頭挙げるとすれば、

12番トゥザグローリー(金鯱賞「力」4着、指数「92」)

穴なら、確実に「勝ちポジ」を走りそうなコスモファントム。頭の低い走法なので中山は合わないと思いますが、サトノシュレンよりは可能性があるかなと。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)