馬場直前情報(2013年12月13日(金)正午現在の情報)

シェアする

まずは、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方で先週のレースを見ての個人的な感想です。

中山の芝コースは、内回りコースは古馬戦でペースが緩めばさすがに内優勢になっていたけど馬場としてはフラットで、外回りコースはペースが緩めば「US」になっていたけど馬場としては極端な内優勢ではなくてやや内優勢程度でした。今週は週末が晴予報なので、土曜日は先週同様の馬場傾向が継続して、レースが使われる毎に徐々に悪化していって完全なフラットになるんじゃないかと想像しています。

阪神の芝コースは、土曜日は1レースを除いて,日曜日は全レースで1番人気馬が馬券に絡んでいることからも分かる通り、フラットで力勝負な馬場状態でした。中山同様、今週は週末が晴予報なので、先週同様のフラットな力勝負馬場じゃないかと想像しています。

中京の芝コースは、先週の傾向通り馬場としてはフラットで差しが優勢。通常はスローで前が残りやすい1200m,1600m,2000m戦でも内の逃げ先行馬が止まって内がゴチャ付いているので、スムーズに外を回せる外枠の差し馬を狙うのが良さそうです。普段から差しが決まりやすい1400m,2200m戦は特に。

では、今週の馬場情報です。

スポンサーリンク

◆中山競馬場

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:3コーナーの内側に若干の傷みが出てきましたが、全体的には良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm(障害コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
10日(火)に12.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・12日(木)芝の生育管理のため散水を実施しました。

(2)ダートコース
・10日(火)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。
・11日(水)コース全面に凍結防止剤を散布しました。

(3)障害コース
・12日(木)芝の生育管理のため散水を実施しました。

◆阪神競馬場

■天候:曇

■馬場状態:(芝)稍重(ダート)重

■芝の状態:正面・向正面の内柵沿いに若干傷みが出てきましたが、大きな傷みはなく、全体的に概ね良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約8~10cm、洋芝約10~14cm(障害コース)野芝約12~14cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
9日(月)に1.0ミリ、10日(火)に21.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・特記する作業はありません。

(2)ダートコース
・11日(水)、13日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。
・12日(木)コース全面に凍結防止剤を散布しました。

(3)障害コース
・特記する作業はありません。

◆中京競馬場

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:コース内柵沿いに蹄跡が目立ってきましたが、大きな傷みはなく、全体的に概ね良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
10日(火)に15.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・9日(月)肥料散布を実施しました。

(2)ダートコース
・11日(水)~12日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

以上、JRA馬場情報より

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)