2013年ジャパンC重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年ジャパンカップ成績はこちら

⇒ 2013年ジャパンカップレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年ジャパンカップ全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年ジャパンカップ.gif

結果3.gif

最終週だけにスローペースになっても上がり32秒台の究極の上がりが使える程の軽い馬場ではなく、やや内優勢の馬場。それだけに差し馬もある程度届き、この日はゴール前が大混戦になるレースが多かった。机上のロス換算をするなら、通常のロスの半分ぐらいで考えるのが良さそう。

結果4.gif

4枠7番デニムアンドルビー「逆馬」
ロス換算ではトーセンジョーダンとタイム差無しの1着。3歳牝馬のトップクラスの馬で、斤量が軽かった+差し脚が存分に活かせる東京コース+差せる馬場と、この馬にとって条件が非常に良かった。今後のジャパンCは、斤量の軽いクラシック級の3歳馬が出走してきたら好勝負できるんじゃないかと思う。この時期の2kg減は大きい。

3枠5番トーセンジョーダン「逆馬」
ロス換算ではデニムアンドルビーとタイム差無しの2着。前走のパドック気配がもの凄く良かったので調子は上がってきていたし、展開と馬場もこの馬に向いた。有馬記念が内優勢の馬場で内枠に入ったら、パドック気配が良ければもう一丁もアリかも?

5枠10番ドゥーナデン「逆馬」
ロス換算では1/4馬身程度の差で3着。外々を回るロスも、東京の差せる馬場でスローペースになったのも良かったんじゃないかと思う。追われた時の走法から、勝負処のゴール前に急坂のある有馬記念に出走してきても厳しいんじゃないかと思う。

結果5

ロス換算をしての1~3着馬は上の3頭で、ジャパンカップ史上初(ブエナビスタは降着になってなければ連覇してたけど)2連覇のジェンティルドンナは、ロス換算では4着。

惨敗のゴールドシップは、絶好調だった前2走(宝塚記念,京都大賞典)とは明らかに違って、大人しくて、ハキがなくて、迫力の無いパドック気配でした。前走で仕上げ過ぎてたんじゃないかと思います。なのに調教師はウチパクのせいにして、ちょっとウチパクが可愛そうです。有馬記念で勝ち負けするかどうかは、当日のパドック気配である程度分かるんじゃないかと思います。調子以前に、馬場はフラットが絶対条件ですけど。

あと、ドゥーナデンですが、残念ながら有馬記念は回避して香港に行くみたいです。有馬記念に出走してたらそれなりに人気してたと思うので残念です。

最後に、ブログの穴馬予想ですが、ヴィルシーナとトーセンジョーダンで迷って、ヴィルシーナを取ってドボン!悔しいです!

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)