2013年菊花賞重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

2枠3番エピファネイア「地力馬」

神戸新聞杯(3歳G2):1着/-0.4/8-9-4/力/CD/中

レースコメント:後続を大きく引き離して逃げた2頭が平均ペースで、3番手以下は実質スローペース。馬場は内外フラットで、やや先行有利の地力勝負レース。

チェックコメント:4コーナー馬ナリで馬群の外を上がって行って直線に向いてもまだ馬ナリ。残り300mほどから追い出して抜け出してから少しフワっとするも、ラスト流して0.4秒差完勝。走破時計の2.24.8はレコードに0.6秒差と優秀で、上がり時計も34.3秒と優秀。馬場状態と当日の仕上がり次第も、メンバーの質が上がりそうにない菊花賞も無難に走りそう。

2枠4番フルーキー「個人的注目馬」

野分特別(1000万):1着/-0.1/7-7/力/B/外

レースコメント:阪神1800らしい差せる地力勝負。

チェックコメント:阪神1800らしい差せる地力勝負を最後流し気味で楽に差し切り勝ち。阪神の差せる馬場なら1600万でも勝てそう。前残りの京都だと厳しいんじゃないか?

8枠16番アドマイヤスピカ「個人的注目馬」

セントライト記念(3歳G2):3着/0.1/13-13-12/ス/BE/外

レースコメント:馬場はフラット。最後の直線で2回、内を走っていた馬たちは進路が狭くなる不利があった。4コーナーで外を回した馬と、直線で外に進路を取った馬がスムーズな競馬ができていた。1~7着馬は、ある程度スムーズな競馬ができての結果。出走メンバーを考えても、1000万クラス程度のレースレベルかな?

チェックコメント:休養明け初戦だっただけに、まだ上昇の余地を感じる。パドック気配はいつも良く見せないとは言えイマイチだったし。このメンバーなら菊花賞で一番買いたい度は高い。

8枠18番マジェスティハーツ「地力馬」

神戸新聞杯(3歳G2):2着/0.4/17-17-18/力/AA/外

レースコメント:エピファネイア参照。

チェックコメント:4角最後方から直線だけで上がり時計1位の33.6秒の鬼脚を使って16頭をゴボウ抜き。とは言え、内にモタレていたのでこれでもシッカリ追えてなくての結果。菊花賞ではサスガに人気になりそうも、フツーに好走しそう。枠順次第では逆転まであるかも?

My注目馬には登録していませんが、サトノノブレスは、前走神戸新聞杯で3着の「地力馬」です。

予想2.gif

人気上位5頭と、気になる穴馬の話をしてみました。

参考にできるところがあれば参考にしていただければと思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)