2013年秋華賞重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年秋華賞成績はこちら

⇒ 2013年秋華賞レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年秋華賞全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年秋華賞.gif

結果3.gif

レースを通して一度もペースが緩むところがなく、長く脚が使えた差し馬に有利な流れ。馬場としては内優勢で、コーナーで内をロスなく回した馬に有利な馬場。ペースが緩むところがなかったことで馬群が縦長になり、馬群の外を回した差し馬の距離ロスが小さくなった分、外を回した地力のある差し馬が辛うじて届いた感じ。それを物語るかのように、15着までもが勝ち馬から0.9秒差以内の大混戦になった。

結果4.gif

8枠16番メイショウマンボ「逆馬」
縦長馬群でロスが抑えられたとは言えCC回すロスがあったのも事実。それでいて0.2秒差完勝は、ロス換算でも1着。

1枠1番スマートレイアー「逆馬」
やや出遅れもその後の動きから初めから行く気は無く後方からの競馬をするつもりだった様子。枠ナリに内の中段でロスのない競馬ができていれば逆転できていた可能性が高く、勿体ない競馬だった。自己条件の1600万ではフツーに人気すると思うけど、人気ナリに走るでしょう。

7枠13番リラコサージュ「個人的注目馬」
人気薄もロス換算でも4着と力はある。自己条件の1600万のレースで不当に人気を落とすようなら狙いたい。

7枠14番デニムアンドルビー「逆馬」
最も大きなロスをしながら0.2秒差4着は、単純なロス換算では勝ち馬に次ぐ2着で、その差も僅か0.05秒差とほとんど差が無い。エリザベス女王杯に出走するなら、馬場と枠次第では逆転も十分可能。馬体はメンバー中No.1。

6枠11番リボントリコロール「個人的注目馬」
自己条件の1000万なら胸張れる。

3枠5番セキショウ「個人的注目馬」
内有利な馬場で内枠を引いて単騎で逃げれるメンバーなら、古馬と混じっても十分やれそう。

結果5

上位馬はフツーに強いんじゃないかと思います。古馬に混じってもやれそうな気がするので、不当に人気を落とすようなら狙ってみたいです。

エリザベス女王杯は、去年のような極端な馬場にならなければ、「京都大賞典に出走した2頭 vs 3歳馬」かな?あとは、当日の馬場と枠順で狙い馬を決めたいと思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)