2013年ローズS重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年ローズS成績はこちら

⇒ 2013年ローズSレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年ローズS全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年ローズS.gif

結果3.gif

大雨が降りしきる重馬場でハイペースになれば差しが届いて当然。差し追い込み勢+重馬場適性の高い馬に向いた競馬。先行勢+重馬場適性のない馬にとっては厳しい競馬になった。

結果4.gif

注目馬なし。

結果5

色んなところで、色んな人が言ったり書いたりしていると思うので、今更書かなくても良いと思いますけど・・・

京都の小回り2000mで行われる秋華賞は、ローズSとは真逆の適性が求められる競馬になる可能性が非常に高いので、ローズSで適性が合わなくて人気して大敗した馬を含めての巻き返しがあるかも知れません。

ということで、My注目馬に登録した馬は無しですが、各馬にコメントを残しましたので、参考までに転載しておきます。

1着:デニムアンドルビー
別に出遅れているワケではなくゲートは普通に出ているがスタート後の二の脚が遅くて最後方からの競馬になる。これでは小回りで直線の短い秋華賞では厳しい競馬になると考えるのがフツーで、いっそのこと菊花賞に向かってはどうかとさえ思ったりもするし、秋華賞をパスしてエリザベス女王杯に直行するのもアリじゃないかとも思える。

2着:シャトーブランシュ
重い馬場の適性高く、しかも追い込み利く流れも嵌った。フツーに考えれば秋華賞は合わないでしょう。

3着:ウリウリ
差し届く流れで嵌った。フツーに考えれば秋華賞は合わないでしょう。

4着:メイショウマンボ
馬場も枠もマッチしていたのでもう少し頑張って欲しかったが。休養明け初戦が影響?

6着:ローブティサージュ
好スタートからやや掛かり気味で2番手で競馬できたことは、秋華賞に繋がるかも知れない。秋華賞でも内枠が欲しい。

7着:リメインサイレント
重い馬場が合うのは前走で証明済。

8着:ノボリディアーナ
ハイペースを2番手追走の厳しい競馬した。

9着:ピクシーホロウ
ハイペースで逃げる厳しい競馬した。

13着:レッドオーヴァル
一番の好スタートも、馬場も競馬場も合わない。先行したことが次走に生きる可能性もある。そうなると巻き返しも可能?

14着:エバーブロッサム
馬場も競馬場も合わない。

17着:アサクサティアラ
馬場も競馬場も合わない。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)