2013年新潟記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年新潟記念成績はこちら

⇒ 2013年新潟記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年新潟記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年新潟記念.gif

結果3.gif

馬場としてはフラットも、ゆったりしたペースになってコーナー部分で団子状態になったこともあって、内をロスなく回した先行馬がやや優勢になった。机上のロス換算をするなら、通常のロスの半分ぐらいで考えるのが良さそう。ということで、ロス換算をしたとしも上位馬の着順に変動はないが、着差は詰まる計算になる。

結果4.gif

注目馬なし。

結果5

My注目馬に登録した馬は無しですが、1~5着馬にはコメントを残しましたので、参考までに転載しておきます。

1着:コスモネモシン
結果的にハンデが効いての1着も、前走で太目が解消して惨敗した馬が巻き返したのには驚いた。個人的な格言として「太目が絞れて惨敗した次走も注意すべし!」を新たに加えたいと思います。

2着:エクスペディション
パドック気配からも調子は良かったと思う。結果的に逃げたのが功を奏したが、ハンデ差で負けた。別定なら勝ててた。

3着:ファタモルガーナ
パドック気配からも調子は良かったと思う。単純なロス換算で上位2頭との差はほとんどない。

4着:ダコール
少々ロスがあった分の負けで、上位3頭との差はほとんどない。

5着:ニューダイナスティ
パドック気配からも調子は良かったと思う。現状では力負け。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)