2013年キーンランドC重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年キーンランドC成績はこちら

⇒ 2013年キーンランドCレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年キーンランドC全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年キーンランドC.gif

結果3.gif

5Rの大雨の後は一時的に圧倒的内優勢になったけど、晴れて馬場が乾くにつれて、やや内優勢程度にまで回復した。とは言え、内ラチ沿いを距離ロスなく走った馬が有利だったのは間違いない。

結果4.gif

6枠11番ストレイトガール「逆馬」
内優勢を11番枠からやや外目のCコースを回すロスがあってタイム差なしの2着は、最も強い競馬をしたと言って良い。函館開幕当初の軽い馬場から後半の重い馬場まで、また、軽い馬場で内を回したり外を回したり、重い馬場でも内を回したり外を回したり、様々な競馬をして一度も崩れなかった。函館がよっぽど合うのか?それとも、真に力があるのか?次走以降で真価が問われる。

5枠9番アドマイヤセプター「個人的注目馬」
内優勢をやや外目のCコースを回すロスがあって0.3秒差4着は、単純なロス換算で3着。今の重い馬場ではフラットな馬場だったとしても適性の差で勝ててなかった。中央開催の差せる馬場なら。

7枠14番ストークアンドレイ「逆馬」
内優勢を外枠から大外Eコースをブン回す超ロスがあって0.4秒差5着は、単純なロス換算で2着。函館の重い馬場がよっぽど合うのか?それとも、真に力を付けたのか?次走以降の中央開催の差せる馬場で真価が問われる。

結果5

土曜日のレースを見て外を回した差し馬が差し切ったりしてたので「フラットになった!」と喜んでいたんですけど、実際に土曜日のレースリプレイを見て分析したら、かなりペースが速くて差しが届いていただけで、フラットというよりも、先々週のような圧倒的内先行有利じゃなくて、やや内有利な馬場といった感じでした。

で、日曜日になって5Rの新馬戦時に通り雨的な大雨が降って、その後、一時的に圧倒的内有利に変化したんですけど、馬場が乾くにつれて徐々にやや内有利な馬場にまで回復して、このキーンランドCが行われました。

しかし、今年の函館はずーっと内有利でしたね。しかもCコースに替わってからは、馬場が重すぎて外を回した距離ロスが堪えるという、ちょっと特殊な馬場でした。

今週の土日でロングランの函館開催も終了します。今週も雨予報が出ていますが、最後まで内有利のままで終わるのか?最後の最後で、能力の高い差し馬が活躍できるのか?ある意味注目です!

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)