2013年中京記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年中京記念成績はこちら

⇒ 2013年中京記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年中京記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年中京記念.gif

※通常のA,Bコースを回した馬をまとめてAコース、通常のCコースを回した馬をBコース、以下、通常のD,E,それ以上外をそれぞれ、C,D,Eとして表示した。

結果3.gif

重賞のマイル戦としてはペースがそれほど上がらなかったのは「ペースが上がれば確実に外差しになる」という騎手心理が働いてのものだと思う。荒れ馬場の適性があって体調の良かった地力上位馬が上位に入った印象。

結果4.gif

3枠6番ドナウブルー「個人的注目馬」
内枠から先行して馬込みを避けたのは好騎乗。ゆったりめのペースになったのも良かった。ただ、荒れ馬場は合わないのと、実質トップハンデの56kgでは、この着順が精一杯じゃないかと思う。よく頑張ったと思う。

結果5

My注目馬としてはチェックしていませんが・・・

1着のフラガラッハに残したコメント:パドック気配からも調子が良かったのだと思う。連覇達成。パドックで大外をハキある歩様でスムーズに歩いている時は調子が良いと判断でき、その時の馬場がフラット~外優勢の差せる馬場で枠が外枠なら狙える。逆に、パドック気配が良くない時,馬場が内優勢の時、そして、どんなに好条件であっても馬体を太く見せる時は走らないので注意。

パドックで良く見せた時のフラガラッハには今後も注意です。ただ、コメントにも書いてある通り、好走できる条件は限られているので、上手く馬券に活かしてください。

フラガラッハ.jpg

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)