2013年函館記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年函館記念成績はこちら

⇒ 2013年函館記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年函館記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年函館記念.gif

結果3.gif

内優勢な馬場。このレースは馬群が団子で見た感覚だけではスローペースも、数字を見るとハイペースで、最後の直線は多くの馬の脚が上がって内ラチの方に寄っていた。かなり厳しいレースだったのではないかと感じた。特に馬群の外を回した馬にとっては厳しいレースだったように思う。大敗した馬も含めて出走馬の次走は注意したい。

結果4.gif

8枠15番アスカクリチャン「逆馬」
岩田騎手が極力ロスを減らす騎乗を心掛けるも15番枠発走ではCB回すロスが発生するのはどうしようもない。直線最内を突いたとは言え0.3秒差なら、馬場を考えればハンデ差が1.5kgあったとは言え勝ち馬と遜色ないパフォーマンスだったように思う。馬場が変われば楽しみ。

5枠9番サトノギャラント「逆馬」
スタートがあまり良くない馬なので、どうしても差す競馬になってロスのある競馬になりがち。このレースもCD回す大きなロスが発生して、それでも0.3秒差なら、馬場を考えればハンデ差が1.5kgあったとは言え勝ち馬より上のパフォーマンスだったように思う。差せるフラットな馬場に変われば、同斤量になったとしても逆転できる計算。

結果5

レース前日の土曜日のお昼の時点では、トウケイヘイローが単勝1倍台の圧倒的人気だったのが、知らないうちに人気が下がって、最終的には単勝4.3倍の3番人気になりました。

単勝4.3倍の3番人気なら素直に、「内有利の馬場でロスなく逃げるトウケイヘイローが最もリスクが低くて軸馬に最適!」と言えてました・・・かな?(笑)

まあ、このレースが地力勝負レースになると考えるのは、ちょっと無理がありましたね?ちょびっと反省。
勝ちポジ(【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的に言えばレースタイプ)の想定が違うと馬券が当たらない典型的なパターンとして、このレースの解説と回顧は良い見本になるかな?と思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)