2013年エプソムC重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年エプソムC成績はこちら

⇒ 2013年エプソムCレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年エプソムC全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年エプソムC.gif

結果3.gif

逃げ馬以外はスローペース。馬場は決め脚のある差し馬が十二分に力を発揮できる東京コースらしい地力勝負のフラットな馬場でも、重賞でここまでペースが緩むと内優勢になる。ただし、机上でロス換算する場合は、通常の半分ぐらい(C回したロスは通常のロス換算では0.3秒のロスになるけど、0.15秒ぐらいのロス換算ぐらい)が妥当。

結果4.gif

4枠5番サクラアルディート「逆馬」
単純なロス換算(通常の半分)で3着に相当。差し脚が十二分に発揮できる直線の長いコースの差せる馬場なら、オープンクラスでも十分馬券圏内に入れる実力の持ち主。ただし、それ以外では取りこぼすということも覚えておく必要がある。

結果5

リルダヴァルが想像していたよりも後方からの競馬になって、内3頭の1点勝負の不発は覚悟したけど、まさか8枠13番のジャスタウェイに最内を差されるとは。まるで、2012年の天皇賞・秋のエイシンフラッシュのようでした。

ただ、エイシンフラッシュのM.デムーロ騎手は、迷うことなく狙いすまして最内に突っ込んでたけど、このレースのジャスタウェイの福永騎手は、少々躊躇していたように思いました。その差が勝ち切れたか、勝ち切れなかったかの差かな?

でも、フツーはナカナカ最内に突っ込むことはできないでしょうね。バテた逃げ馬がどっちにヨレるか分からない状況だけに。高速道路でフラフラしている前の車を抜き去るのは結構勇気が要りますよね?アレと似たようなモンかなって思います。アカンタレの僕なら突っ込めないです(笑)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)