2013年エプソムC重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

3枠3番クラレント「逆馬」

マイラーズC(G2):8着/0.3/8-8/力/A/中

レースコメント:馬場は芝丈が長くフラット。この日は時より強風(直線部だと横からの)が吹いていて、パワーの必要な競馬になっていた。このレースも行く馬が多く想定通りにペースが流れたこともあるけど、軽い馬場が得意な馬よりも力の必要な馬場が得意な馬が上位に着た印象。軽い馬場になれば着順は入れ替わると思う。

チェックコメント:内枠から内をロスなく回して直線でも内を選択するも、前を走っていたシルポート→カレンブラックヒルの順番で前が壁になってまともに追えずに完全に脚を余した。隣を走っていたダノンシャークがスムーズな競馬ができて0.1秒差3着で、マトモに走れていれば同等かそれ以上の着順だったと感じた。このレースは度外視できて、評価としては3着馬と同等かそれ以上。3着馬同様、G2以上では馬場と枠がバッチリ嵌まらないと厳しい程度の能力の持ち主。

8枠14番サトノアポロ「逆馬」

新潟大賞典(G3ハンデ):4着/0.7/8-10/ス/C/中

レースコメント:前に居たダンツホウテイ,パッションダンス,テイエムアンコール,アドマイヤタイシ、最内に居たヴェルデグリーン、外に居たローズキングダム,スマイルジャック,ダノンヨーヨー以外は、多い少ないはあるけど、直線でコスモファントムの進路変更による不利を被った。1,2着馬は不利が無かったので3着以下と着差が開いているだけで、実質はこれほどの着差はない。

チェックコメント:不利によって追えない時間がメンバー中最も長く、ジョッキーも一旦レースを諦めた感があったけど、馬が自発的に走ったことで4着にまで着順を上げた。力を付けてきている。0.7秒差も力負けではない。

僕がMy注目馬に登録している上記以外にも、サンレイレーザーは前走マイラーズCで2着の、リルダヴァルは都大路Sで1着の「地力馬」です。

予想2.gif

今の東京芝コースは芝丈が長くて内外フラットで、決め脚のある地力上位の差し馬が外を回しても十分届く馬場。しかし、このレースの「栄光の競馬新聞」を見てもらったら分かる通り、前5走欄でピンクの「逃げ」た馬がタムロスカイのみで、水色の「先行」した馬もそれほど多くないメンバー。

となると、このレースに関しては、NHKマイルCとか安田記念のような差し馬が台頭する競馬にはならず、内先行有利(US)な競馬になるんじゃないかと、安易に想像してしまいます。

ということで、「勝ちポジ」は【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的に言えば「US」のポジションを走る馬が狙い目ということになって、「内枠」の「逃げ・先行馬」から軸馬を選びたいところ。

My注目馬の2頭の比較では、クラレントの方。その他では、ウィリアムズ騎手だけに再度先行するであろうリルダヴァル。

スローペース想定で、この2頭のどっちかを軸にしたいですね。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)