2013年安田記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年安田記念成績はこちら

⇒ 2013年安田記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年安田記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年安田記念.gif

結果3.gif

決め脚のある差し馬が十二分に力を発揮できる東京コースらしい地力勝負のフラットな馬場で、このレースはマイルG1ということもあってペースが流れたことで、決め脚のある差し馬が十二分に力を発揮することができた。

結果4.gif

5枠10番ロードカナロア「地力馬」
ゴール200m手前でヨレたのは、やっぱり東京のマイルは適性的にギリギリだったのではないかと個人的には思う。ゴール前で手前を変えてたし、ゴール直前は止まってた。とは言え、世界のカナロアの絶対能力に脱帽。ただ、このレースを使ったことで、レースの苦しさみたいなものを再確認してしまってないかが心配。秋初戦は格下相手でも思い切って嫌ってみようかな?と思ったりしてる。

1枠2番ショウナンマイティ「地力馬」
内枠だったことと、ゴール前残り200mのところで勝ち馬が外にヨレたことによる進路変更のロスがあったことによって届かなたかっただけで、絶対能力的にはこのメンバーではNo.1。勝ち馬が勝負処でヨレてなければ、右手前→左手前→右手前と手前を変えることはなく、ゴール直前で見せた爆発的な脚がもっと長く使えてたハズで、1馬身は突き抜けてたと思う。不運。

8枠16番ダノンシャーク「地力馬」
直線の勝負処ゴール前残り200mのところで、勝ち馬の外から勝ち馬に並びかけようとしたところで勝ち馬に身体をぶつけられて態勢を崩したことで、右手前から左手前に手前を変えてしまって、そこから伸び切れずに3着に。ただ、右手前のまま走っていても勝ち馬は交わせなかったような気がする。

結果5

ライヴでレースを見た直後は「ロードカナロア強いなー」って思わず声まで出たんですけど、レースリプレイ+パトロールビデオでジックリ見返してみると、上のコメントでも書いた通り、2着のショウナンマイティが抜けて強かったです。やっぱり、今の日本競馬は中・長距離路線のレベルが高いようです。

ちなみに、アンカツさんのツイッターによると、

アンカツさんのツイッターより.gif

とのことで、ショウナンマイティは宝塚記念を回避して秋に備えるようです。

宝塚記念はレベルがメチャメチャ高いから、相手が楽な安田記念でG1を勝ちに来てたということだったんですね?そうなると、余計に直線での不利は痛かったですね。残念。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)