2013年安田記念重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

1枠1番カレンブラックヒル「個人的注目馬」

マイラーズC(G2):4着/0.1/3-3/力/B/中

レースコメント:馬場は芝丈が長くフラット。この日は時より強風(直線部だと横からの)が吹いていて、パワーの必要な競馬になっていた。このレースも行く馬が多く想定通りにペースが流れたこともあるけど、軽い馬場が得意な馬よりも力の必要な馬場が得意な馬が上位に着た印象。軽い馬場になれば着順は入れ替わると思う。

チェックコメント:力の必要な馬場で58kgを背負って0.1秒差4着は全く悲観しなくて良いと思う。力の要る馬場でも同斤量なら逆転可能で、軽い馬場なら尚のこと善し!

1枠2番ショウナンマイティ「地力馬」

大阪杯(G2):2着/0.1/13-12-10/力/AC/外

レースコメント:外を回してもOKなフラットな馬場で、たとえスローペースになったとしても、地力に勝る差し馬が外を回しても差し切れる、絶対能力が問われる馬場。このレースがまさにそう。

チェックコメント:相手が悪かった。この馬としてはよく走っているし、これぐらい走れて当然の能力の持ち主。

4枠7番グランプリボス「地力馬」

マイラーズC(G2):1着/-0.1/9-8/力/C/外

レースコメント:カレンブラックヒル参照。

チェックコメント:内有利な馬場だと厳しい競馬になっていたであろう枠順とレース運びも、力の要るフラットな馬場もあって、スムーズな競馬で存分に力を発揮することができた。+10kgの馬体も決して太くなく良い状態だったように思う。

5枠10番ロードカナロア「逆馬」

高松宮記念(G1):1着/-0.2/9-7/前/C/中

レースコメント:スプリントG1とは思えない後傾ラップで超スローペースと言っても過言じゃない。後方一気の差し・追い込み馬にとっては、どうしようもないレースになった。

チェックコメント:スローで瞬発力が必要なレースになっても全く問題なし。坂を上がってからの瞬発力はもの凄かった。実質的には直線に急坂のあるコースは向かないと思うけど、絶対的な力が違う。国内でくすぶるのではなく、ぜひ世界へ羽ばたいて欲しい。

6枠12番ダークシャドウ「個人的注目馬」

大阪杯(G2):5着/0.5/2-3-3/力/AA/内

レースコメント:ショウナンマイティ参照。

チェックコメント:追い切りの映像では太め残りかなって思ってたのに、当日は-10kgで、パドックでも今まで見たことのないスッキリした馬体。輸送が上手く行かなかったのではないかと想像する。立て直しに期待。

僕がMy注目馬に登録している上記以外にも、ダイワマッジョーレ,ガルボは前走京王杯SCで1,3着の、ダノンンシャークはマイラーズCで3着の「地力馬」です。

予想2.gif

NEXTメンバーさんから、「G1レースは出走全馬の解説音声を録って欲しい」とのご要望がありましたので、ご要望にお応えしまして、出走全馬の解説をしました。

馬場傾向は当日に各自で確認してもらうとして、馬の能力と適性を中心にお話しました。

参考にできるところがあれば参考にしていただければと思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)