2013年ヴィクトリアマイル重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年ヴィクトリアマイル成績はこちら

⇒ 2013年ヴィクトリアマイルレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年ヴィクトリアマイル全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年ヴィクトリアマイル.gif

結果3.gif

馬場が乾いて行くのと同時に、徐々に東京コースらしい内優勢の馬場に変化していった。このレースはある程度ペースが流れたこともあってコーナー部内有利に。

結果4.gif

4枠8番ホエールキャプチャ「逆馬」
上位入線馬の中で唯一少々ロスのある競馬をしながら、牝馬では強い勝ち馬を相手にタイム差無しにまで迫ったのは力が無いと無理。脚をピーンと伸ばして走る馬にも関わらず坂路コースで軽快に速い時計を出す馬なのでマイラー。宝塚記念よりも安田記念が合う。安田記念に出走してきて不当な人気薄になるようであれば押さえたい。

2枠3番ジョワドヴィーヴル「個人的注目馬」
やはり復調してきていた。直線が長くて、できれば急坂の無いコースが最も能力を発揮できる。

3枠6番ドナウブルー「個人的注目馬」
パドックでいつもはシャキシャキ歩く馬が厩務員に甘える仕草を見せていたのは気になった。内枠発走から馬群の中でゴチャつくレースは良くない。外枠からスムーズに先行できるレースでこそ力を発揮する。

2枠4番ハナズゴール「個人的注目馬」
直線で前が壁になって追い出しが遅れ、その後もシッカリ追うことができなかった。力を出し切っていないのは間違いなく、このレースは度外視で良いのでは?

結果5

以下、このレースで僕が残した各馬のコメントは以下の通りです。

ヴィルシーナ 頭の低いこの馬には持って来いの東京コースで、牝馬限定で、ジェンティルドンナが居なくて、内優勢の馬場で、2番手でロスの少ない競馬ができれば勝って当然も、危うく負けそうになるのがこの馬らしいと言えばこの馬らしい。直線の坂で一旦マイネイサベルに交わされてからゴール前で差し返したのは、頭の低いこの馬が坂が苦手だということを如実に現わしていて面白かった。

マイネイサベル 馬場と枠と展開がマッチすれば好走して当然。

アロマティコ,イチオクノホシ 外を回していては届かなくて当然。度外視で良いのでは?

オールザットジャズ 好走することはできたハズ・・・東京は合わないのかも?

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)