2013年皐月賞重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年皐月賞成績はこちら

⇒ 2013年皐月賞レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年皐月賞全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年皐月賞.gif

結果3.gif

砂が撒かれたことで内の馬場が復活して、馬場としてはペースによって有利不利が変化する内外フラットな馬場。この日は最後の直線が追い風(向こう正面が向かい風)になる強風が吹いていて、このレースを除けばペースが緩んで前残りになっていた。しかしこのレースは、(1)これまでのレースが前残りになっていたこと、(2)出走メンバーに先行馬が多かったこと、(3)G1レースということ、が重なってかなりのハイペースになって、コースレコード決着の地力勝負となった。

結果4.gif

4枠7番ロゴタイプ「地力馬」
枠順も良くレースもケチの付けようのないほぼ完ぺきな競馬をして1着。逆に言えば、枠順を含めて何か一つでも上手く行っていなければ負けていた可能性もあったと思えるので、個人的には上位馬とそれほど力差は無いと思う。なので、ダービーでは逆転されることも十分にあると考えます。

7枠14番エピファネイア「地力馬」
2コーナーでやや掛かったことはこの馬の性格なので仕方ないとしても、勝ち馬よりも外々を回す距離ロスがあったことは枠順の差なので、勝ち馬と枠順が逆なら結果は違っていた可能性は十分あると思う。

6枠12番コディーノ「地力馬」
1~2コーナーでやや掛かったことは2着馬同様にこの馬の性格なので仕方ないとしても、4角馬ナリの絶好の手応えで直線を向くも、前が壁で追い出しが遅れて、結果的に追い出した時点での差がそのままゴールでの差になった印象。確かにパドックでの気配は以前ほど目立たなくなってきているし、馬体や掛かる気性などを考えればマイル向きだろうとは思うけど、レースを見る限り全く悲観する内容ではなく、個人的にはダービーに向かって欲しい。

結果5

上位3頭以外のMy注目馬とチェックコメントは以下の通りです。

カミノタサハラ 後方から競馬したのは大正解も、4コーナーで勝ち馬に弾かれたとは言え、あそこまで大外をブン回したのは蛯名騎手の悪いクセが出た。あれでは勝てるレースも勝てない。馬が可愛そう。

タマモベストプレイ 相変わらず坂路追い切りでの前脚の上がりが良く、調子も良かったとは言え、ここ2走は走り過ぎ。次走は人気必至でしょう(苦笑)。ただ、それだけ能力のある馬だということ。東京は中山よりも走るハズで、次走こそ楽しみ。

マズルファイヤー パドックだけならNo.1!小回りコースよりも大箱向きだけに、競馬場が変わればもっとやれるハズ。

メイケイペガスター 最後方ポツンでは。

コパノリチャード ハイペースで行き過ぎた。

今年のダービーは、馬場と枠順と出走メンバーによっては大波乱があっても不思議じゃないです。もし、僕の今年の「夢馬」であるコディーノが出走しなければ、マズルファイヤーに代わりを務めてもらおうかなと思ったりしてますが、賞金的には出走できるか微妙ですねー(汗)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)