2013年桜花賞重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年桜花賞成績はこちら

⇒ 2013年桜花賞レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年桜花賞全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年桜花賞.gif

結果3.gif

馬場はフラットで外を回した差し馬でも十分に届く馬場。この日は最後の直線が向かい風になる強風が吹いていて上がりの時計が掛かっていた。このレースはペースが速まり外差し決着になった。

結果4.gif

7枠14番レッドオーヴァル「個人的注目馬」
この馬も上手く乗られたが、それ以上に勝ち馬に完璧に乗られたことによる惜敗で、決して力負けとは思わない。頭の低い走法で直線の急坂は実は合わないと思う。

7枠13番クロフネサプライズ「逆馬」
外差し決着を先行して4角先頭から4着に粘ったのは力が無いと無理。今後も注目。

3枠6番ローブティサージュ「個人的注目馬」
この馬のレースはできていた。阪神JFのように馬場と枠がこの馬向きになれば、馬券圏内は十分にあり得る能力は持っていることを改めて証明した。ただ、馬体が淋しく映ったことは今後に向けて心配。

結果5

勝ったアユサンは、(1)C.デムーロに乗り替わり、(2)馬体絞れ、(3)レースの流れ、(4)この馬のレースっぷり、(5)他馬のレースっぷり、全てがこの馬にとってプラスに働いて、勝つべくして勝った印象です。能力の高さは新馬戦から示していたとは言え、ここまで完璧なレースはもう二度とできないと思うので、馬場と枠が合わないレースなら、思い切って嫌ってみても面白いかも知れません。

2着のレッドオーヴァルは、コメントにも書いた通り、実は頭の低い走法の馬で、本質的には直線に急坂のある阪神は合わないと思います。それでいてこの結果なので、やはりこの世代では現時点でNo.1の評価に変わりないです。

オークスは、馬場傾向と出走メンバーと枠順で狙い馬を変えないとイケナイと思いますけど、基本的には上で名前を挙げた馬たち(レッドオーヴァル,クロフネサプライズ,ローブティサージュ,アユサン)の中から、馬場と枠が合った馬を軸馬に指名すると思います。

デビュー戦を見て、オークスの秘密兵器に指名したメイショウマンボですが、見限りたくないけど、幸四郎騎手が乗る限りG1で勝ち切るのは厳しいかなと。ソコソコの騎手に乗り替わるなら考え直します。

あと、クイーンCの1,2着馬がトライアルで強い競馬をしてきたら考えます。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)