2013年大阪杯重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年大阪杯成績はこちら

⇒ 2013年大阪杯レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年大阪杯全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年大阪杯.gif

結果3.gif

外を回してもOKなフラットな馬場で、たとえスローペースになったとしても、地力に勝る差し馬が外を回しても差し切れる、絶対能力が問われる馬場。このレースがまさにそう。

結果4.gif

4枠5番オルフェーヴル「地力馬」
休養明け初戦もソコソコの仕上がりで出走。世界一の馬だけに、この日の体調でこの日の馬場なら何度走ろうが負けないでしょう。

3枠3番ショウナンマイティ「地力馬」
相手が悪かった。この馬としてはよく走っているし、これぐらい走れて当然の能力の持ち主。

3枠4番ダークシャドウ「個人的注目馬」
追い切りの映像では太め残りかなって思ってたのに、当日は-10kgで、パドックでも今まで見たことのないスッキリした馬体。輸送が上手く行かなかったのではないかと想像する。立て直しに期待。

8枠14番ヴィルシーナ「個人的注目馬」
急坂のある阪神で、休養明け初戦でこの相手では力負けも仕方ない。

6枠10番ヒットザターゲット「個人的注目馬」
前走の小倉大賞典と同じように、直線で内を狙うも前が壁で残り100m手前までほとんど追えず完全に脚を余した。ただ、この強豪相手にイチカバチカの騎乗をするのは当然だと思うので、これは致し方ない。このレースは度外視で良いのでは?

結果5

差し馬が活躍できる地力勝負馬場に、オルフェーヴルが普通の状態で出走してくれば、他の馬にはどうしようもないでしょう。

オルフェーヴルの次走がどこになるのか?天皇賞(春)を使うなら、馬場次第で去年のようなことが起こることも考えられますが、個人的には、このまま海外にお出かけして、世界の名だたるG1を総ナメにして欲しいです。

夢は、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS→凱旋門賞制覇!

追記:どうやら宝塚記念には出走することが決まっているようなので、夢のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS→凱旋門賞は無さそうです。賞金を稼ぐことが使命のクラブ馬の宿命。残念。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)