2013年日経賞の注目馬

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている馬を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

3枠4番タッチミーノット「個人的注目馬」
前走チェックコメント:直線が向かい風の強風が吹いていて、直線だけで追い込むには厳しい条件を、4コーナー10番手から追い込んで0.1秒差は、勝ちに等しいかそれ以上。馬場に合った枠で調子さえ維持できていればG2でも十分勝てる。

4枠5番ダノンバラード「個人的注目馬」
前走チェックコメント:器用に立ち回る競馬は向かないが、このレースは力負けな感。相手弱化でAJCCのように外を回す大味な競馬ができそうなら狙い目。ゆえに、相手弱化でも内優勢の馬場だと取りこぼしがあるので狙いを下げて、フラット~外優勢の馬場でこそ狙い目。

6枠9番トランスワープ「地力馬」
前走チェックコメント:大きな馬だけに直線の不利は大きく、不利がなければ勝ち負けの接戦になっていたハズ。勝ち馬との能力差は全く感じない。追い切りの動きが非常に良かったので、今後も追い切りが良ければ好調と判断して良いのでは?

8枠13番オーシャンブルー「個人的注目馬」
前走チェックコメント:内優勢を内枠からBBB回すロスの少ない競馬をしたことが好走の最も大きな要因で、パワーの必要な今の馬場も向いていた。ただ、それでも0.2秒差4着は立派で、能力を過小評価していたことを反省。今後もパワーの必要な馬場では注意したい。

8枠14番フェノーメノ「個人的注目馬」
前走チェックコメント:現時点での絶対能力でこの順位は妥当。 前々走チェックコメント:明らかなる取りこぼし。勝たなくてはならないレースだった。能力は古馬G1級に混じっても通用することは証明した。

4コーナーの内側の馬場がかなり悪くなっている中山競馬場。内枠の馬は、スタート直後にその悪い処を走らされる可能性が高くなります。で、逆にそれを避ける場合は、一旦後方まで下げて外に出すロスが発生します。どっちにしても、このコースで今の馬場だと内枠は不利です。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)