2013年スプリングS重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的にMy注目馬としてチェックしている「逆馬」「地力馬」「個人的注目馬」を、人気とか人気薄とかは一切関係なしに公表します。

予想1.gif

1枠2番タマモベストプレイ「地力馬」

きさらぎ賞(3歳G3):1着/-0.0/2-2/力/E/外

レースコメント:※通常のA,B,Cコースを回した馬をまとめてAコース、通常のDコースを回した馬をBコース、以下、通常のD,E,それ以上外をそれぞれ、C,D,Eとして表示した。逃げ馬が内を大きく開けて走って後続もそれに追従して外を走った。しかし、この日は午前中のレースから前週の日曜日や前日の土曜日ほど内が悪かったワケではなく、直前の10R(スローペースの外回り1400m戦)も上位5頭の内訳は、2,1,3,8,4人気でB,C,A,A,Aコースを回した馬たちでの決着。なので、個人的にはこのレースを力勝負レースと設定した。

チェックコメント:追い切りで脚が高く上がっていたので絶好調だったと思う。頭の低い走法で直線に坂の無いコース向きの馬。直線に急坂のあるコースでは厳しいように思う。なので、中山コースは合わないのでは?春の3歳G1ならNHKマイルC。レース当週の追い切りで、前脚が高く上がっていたらぜひ狙ってみたい。中山で大敗して人気が落ちてたら尚のこと。

3枠5番ロゴタイプ「地力馬」

朝日杯FS(2歳G1):1着/-0.0/2-2-2/力/CC/内

レースコメント:馬場は外を回した差し馬でも十分届くフラットな馬場。ハイペースになって真の実力が問われるレースになった。先行して後続を突き放した2頭は、現時点では能力が突出していると思う。

チェックコメント:スムーズな競馬をしたとは言え、ハイペースを2番手から競馬して3着以下に0.4秒差は、このメンバーでは力が突出していることの証明。いつもパドックで良く見せるとは言え、この日もパドックで好気配だったので調子も良かったハズ。

3枠6番アクションスター「個人的注目馬」

京成杯(3歳G3):2着/0.0/11-10-8/SS/BC/外

レースコメント:外を回しても全くロスにならない馬場で、内回りの周回コースは、逆に内よりも外を回した方が良いと思える若干外優勢な馬場。このレースもペースとしては平均ペースも、2コーナー時点の後ろ4頭が1~4着に入る外差し決着になった。

チェックコメント:SS決着を後方から外差しの順馬で2着。雪で1週順延になって再輸送があった中でよく頑張った。

7枠13番アドマイヤオウジャ「個人的注目馬」

若駒S(3歳OP):5着/0.8/6-6-6/US/BB/中

レースコメント:内先行優勢。

チェックコメント:0.8秒差はちょっと負け過ぎな気がするけど、軽い馬場よりも力の要る馬場の方が良いみたい。

8枠16番マンボネフュー「個人的注目馬」

共同通信杯(3歳G3):5着/0.4/3-5-6/US/A/中

レースコメント:前週までよりも内優勢が顕著となった。U字コースでスローペースになれば、断然内先行有利に。このレースもスローペースになって内先行優勢。

チェックコメント:直線前が壁で外に持ち出して残り300mぐらいまでマトモに追えなかったのが痛かった。上手く捌けていれば2着。一瞬のキレる脚よりも長く脚を使う方が向いているようで、今回のように内優勢の馬場で内からビュっとキレる脚を使うレースではなくって、フラットな馬場で馬群の外を回して長く良い脚を使うレースの方が向いていそうな印象。

予想2.gif

同じく皐月賞トライアルの土曜日阪神メインの若葉Sに有力馬が分散したために、ボチボチのメンバーになった今年のスプリングS。馬場的にフラットになってきている中山だけに、ある程度、想定内での決着になるんじゃないかと思います。

チェックコメントに書いてある通り、人気のタマモベストプレイは、急坂のある中山は走法的に合わないと思うので、調教で前脚が上がって調子は良さそうですけど、個人的には買いにくいです。ここで負けて、ニュージーランドTでも負けて、人気が急落したNHKマイルCで狙いたいです。

2歳王者のロゴタイプの単勝オッズが思ったよりも高い(土曜日の13:00現在、単勝4.6倍)のは何故なんでしょう?何か悪い情報が新聞を通して流れているんでしょうか?新聞を読まない僕には分かりませんが・・・。パドックでいつも通りの好気配なら、フツーに走るんちゃうのん?

馬場がフラットで、トライアルらしくペースが例年通りある程度流れれば、大外枠でもマンボネフューに合った競馬になるんじゃないかと。で、オッズを見たら意外と人気(汗) 何か良い情報が新聞を通して流れているんでしょうか?新聞を読まない僕には分かりませんが・・・

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)