2013年フィリーズレビュー重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年フィリーズレビュー成績はこちら

⇒ 2013年フィリーズレビューレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年フィリーズレビュー全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年フィリーズレビュー.gif

結果3.gif

昼を過ぎてから雨が降ったりして、これまで内優勢だった内回りコースもさすがにフラットになってきた。このレースは平均ペースで流れて力勝負になった。ただ、短距離戦にも関わらずハイペースにならなかった分、少々内優勢気味ではある。

結果4.gif

2枠4番メイショウマンボ「地力馬」
少々内優勢を内枠から内目を回したとは言え、4角で中段より後ろの内目の位置から外に出して狭い馬群を割った脚はサスガ。このメンバーでは力が違った感じ。内枠も克服したしスタートも良くなった。ただ、馬体重がどんどん減っていて、このレースがピークに仕上がってしまってた可能性も無きにしも非ず。

8枠15番シーブリーズライフ「個人的注目馬」
15番枠だった分、少々ロスのある競馬になった。内枠だったらもう少し上位に来れたのではないか?

7枠14番ニシノモンクス「個人的注目馬」
14番枠だった分、ロスのある競馬になった。内枠だったらもう少し上位に来れたのではないか?500万なら胸張れる。

3枠5番サウンドリアーナ「個人的注目馬」
直線に急坂のないコースで見直したい。

結果5

このメンバーなら、メイショウマンボが抜けて強い感じです。ただ、そのメイショウマンボも上に書いた通り、ここがピークになってしまった可能性も無きにしも非ずなので、ちょっと注意したいです。能力だけならG1でもヒケは取らないと思いますけど。

毎年のことですが、フィリーズレビューはあまり本番に直結するレースじゃないので、メイショウマンボ以外の馬は、本番で余程の好条件じゃない限り(例えば、こんなことはまず無いと思いますけど、圧倒的に内が有利で内枠に入ったとかじゃない限り)、軽視して良いのではと思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)