馬場直前情報(2013年2月22日(金)正午現在の情報)

シェアする

まずは、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方で先週のレースを見ての個人的な感想です。

先週で開催が終わった東京の芝コースは、東京コースらしくペースによって有利不利が変化するフラットな馬場でした。日曜日は全般に力勝負になっていました。個人的に今まで不得手だった東京ですが、今開催は「US」の「逆馬」だけを買っていたのが功を奏してプラスで終えることができました。今後の東京も変に色々考えずにこの作戦で攻めようと決意しました。次の開催が楽しみです。

同じく先週で開催が終わった京都の芝コースは、全体的に馬場が荒れて内も外も差のない力の必要な馬場でした。東京と相反して、個人的に京都はあまり良い成績を挙げることができませんでした。次の開催では巻き返したいと思います。

小倉の芝コースは、見た目で先週よりも芝丈が短くなっていて、土曜日は顕著に内優勢となっていました。日曜日は土曜日に7レースと使い込まれた分、土曜日よりも内優勢が緩和して、ペースや距離によっては外を回した馬にも十分チャンスがあるフラットな馬場に戻りました。小倉の芝コースは夏の開催のようにバンバン芝レースが行われているので、今週からコース替わりでもフラット~ペースや距離によっては外優勢にまでなるのではないかと思っています。

今週から始まる中山の芝コースは、去年の年末に内優勢で幕を閉じて、今年の年始の開催では使われていなかったAコースで行われます。雨で馬場が悪くならない限りは、恐らく内優勢でしょう。去年は馬場が乾いていれば顕著に内優勢でした。

同じく今週から始まる阪神の芝コースは、去年の年末に内優勢のままBコースにコース替わりしたAコースで行われます。雨で馬場が悪くならない限りは、内の1~2頭分だけグリーンベルト状態の内優勢馬場じゃないかと思っています。ちなみに、去年のこの阪神開幕週はフラットでした。

では、今週の馬場情報です。

今週から中山競馬が開幕します。
今週から阪神競馬が開幕します。
小倉競馬の芝コースが、今週からA→Bコースに変わります。

スポンサーリンク

◆中山競馬場

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:第1回開催終了後、馬場表面の凹凸修正、洋芝の播種及び肥料散布を実施し、コース全面をシートで養生しました。低温の影響で洋芝の生育が鈍く、回復の遅れている箇所がありますが、全体的には概ね良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm(障害コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
15日(金)に4.5ミリ、18日(月)に1.0ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・15日(金)肥料を散布しました。
・18日(月)~20日(水)芝刈りを実施しました。
・20日(水)、21日(木)芝の生育管理のため散水を実施しました。

(2)ダートコース
・18日(月)~20日(水)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・20日(水)、21日(木)芝の生育管理のため散水を実施しました。

■第2・3回中山競馬の馬場概要(2月18日(月)現在):

芝コース
(1)使用コース
・第2回 Aコース、第3回 前2日 Aコース、後6日 Bコース

(2)芝の状態
・洋芝(イタリアンライグラス)によるオーバーシードをした馬場で施行します。
・第1回開催終了後、馬場表面の凹凸修正、洋芝の追加播種及び肥料散布を実施し、コース全面をシートで養生しました。低温の影響で洋芝の生育が鈍く、回復の遅れている箇所がありますが、全体的には概ね良好な状態です。
・凍結防止及び芝保護のため、日陰部等のシート養生を行う場合があります。
・芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

ダートコース
(1)ダートコースの状態
・クッション砂の厚さは9.0cm(従来通り)で調整しています。
・クッション砂の凍結防止のため、コース全面に凍結防止剤を散布する場合があります。
・乾燥が著しい場合は、競走馬の安全のため散水を行う場合があります。

障害コース
(1)障害コースの状態
・野芝と洋芝(トールフェスク・イタリアンライグラス)の混生馬場で施行します。
・第1回開催終了後、馬場表面の凹凸修正及び肥料散布を実施しました。低温の影響で洋芝の生育が鈍く、回復の遅れている箇所がありますが、全体的には概ね良好な状態です。
・凍結防止及び芝保護のため、障害飛越前後のシート養生を行う場合があります。
・芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

◆阪神競馬場

■天候:曇

■馬場状態:(芝)良(ダート)稍重

■芝の状態:今開催は洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行します。第5回阪神開催終了後、蹄跡の多く付いた部分を中心に洋芝を追加播種し、1月中旬より約4週間全面シート養生しました。1月から2月にかけて厳しい冷え込みが続きましたが、シートの保温効果もあり芝の状態は概ね良好です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm(障害コース)野芝約10~12cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
15日(金)に7.0ミリ、18日(月)に40.5ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・20日(水)肥料を散布しました。

(2)ダートコース
・21日(木)、22日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・特記する作業はありません。

■第1・2回阪神競馬の馬場概要(2月18日(月)現在):

芝コース
(1)使用コース
・第1回 Aコース、第2回 前2日 Aコース、後6日 Bコース

(2)芝の状態
・今開催は洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行します。
・第5回開催終了後、蹄跡の多く付いた部分を中心に洋芝を追加播種し、1月中旬より約4週間全面シート養生しました。1月から2月にかけて厳しい冷え込みが続きましたが、シートの保温効果もあり芝の状態は概ね良好です。
・芝の生育管理のため、中間日に散水を実施します。

ダートコース
(1)ダートコースの状態
・第5回開催終了後、砂厚調整及び路盤点検を実施しました。
・クッション砂の厚さは9.0cm(従来通り)で調整しています。
・乾燥が著しい場合は競走馬の安全のため散水を実施することがあります。
・クッション砂の凍結防止のため、コース全面に凍結防止剤を散布する場合があります。

障害コース
(1)障害コースの状態
・野芝でレースを施行します。
・第5回開催終了後に蹄跡の補修を実施しました。全体的に良好な状態です。

◆小倉競馬場

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)稍重

■芝の状態:今週よりBコースを使用します。内側には若干傷みが残っていますが、全体的には良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

■使用コース:Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)

■気象状況:
15日(金)に4.5ミリ、17日(日)に1.0ミリ、18日(月)に20.0ミリ、19日(火)に6.0ミリの降水を観測。

■作業内容:
(1)芝コース
・特記する作業はありません。

(2)ダートコース
・21日(木)、22日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

以上、JRA馬場情報より

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)