2013年共同通信杯重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年共同通信杯成績はこちら

⇒ 2013年共同通信杯レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年共同通信杯全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年共同通信杯.gif

結果3.gif

前週までよりも内優勢が顕著となった。U字コースでスローペースになれば、断然内先行有利に。このレースもスローペースになって内先行優勢。

結果4.gif

7枠8番メイケイペガスター「個人的注目馬」
横典Jの好騎乗で能力を発揮して完勝。

7枠7番ゴットフリート「逆馬」
USを先行もC回すロスあって0.2秒差2着。この馬の性能の高さを再認識したと同時に、朝日杯FSの上位2頭の性能の高さを再認識した。

1枠1番ラウンドワールド「個人的注目馬」
出遅れて後方からの競馬になったのが全て。ただ、それ以外はスムーズに競馬が出来ていての4着で、5着馬との比較では現時点では分が悪い。パドックで前走同様にトボケた感じだったので、まだ良かった時ほど走る気になってなかったハズ。次走こそが試金石か。

2枠2番マンボネフュー「逆馬」
直線前が壁で外に持ち出して残り300mぐらいまでマトモに追えなかったのが痛かった。上手く捌けていれば2着。一瞬のキレる脚よりも長く脚を使う方が向いているようで、今回のように内優勢の馬場で内からビュっとキレる脚を使うレースではなくって、フラットな馬場で馬群の外を回して長く良い脚を使うレースの方が向いていそうな印象。

結果5

各馬のこのレースの個人的見解は上記の通りです。

共同通信杯と「栄光の重賞ランク」は、これで10年連続で3連系の馬券をGETしたことになります。本当に相性の良いレースです。

・2003年=1位⇒3位⇒--
・2004年=6位⇒1位⇒5位
・2005年=2位⇒6位⇒3位(3連単143.8倍)
・2006年=3位⇒2位⇒6位
・2007年=2位⇒3位⇒1位
・2008年=6位⇒5位⇒1位(馬単268.3倍,3連複1005.2倍,3連単7520.2倍)
・2009年=2位⇒1位⇒4位(3連単199.2倍)
・2010年=4位⇒2位⇒1位
・2011年=1位⇒3位⇒5位(3連単309.7倍)
・2012年=1位⇒2位⇒4位
・2013年=3位⇒1位⇒5位(3連複160.1倍,3連単793.3倍)

今から来年が楽しみです♪来年こそは多頭数で!

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)