2013年AJCC重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年アメリカジョッキークラブC成績はこちら

⇒ 2013年アメリカジョッキークラブCレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年アメリカジョッキークラブC全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年AJCC.gif

結果3.gif

コーナーで外を回しても全く問題の無いフラットな馬場で、外回りコースはペースが緩むと前が残せる馬場傾向。このレースは逃げたネコパンチがハイペースで引っ張り、後続も平均ペースで流れたので、地力が問われる力勝負レースとなった。

結果4.gif

3枠3番ダノンバラード「地力馬」
直線で内に寄れて他馬に迷惑を掛けたけど、このメンバーでフラットな馬場での地力勝負になれば、勝ち切る能力は示していたので、これぐらい走れて当然。

5枠5番トランスワープ「地力馬」
大きな馬だけに直線の不利は大きく、不利がなければ勝ち負けの接戦になっていたハズ。勝ち馬との能力差は全く感じない。追い切りの動きが非常に良かったので、今後も追い切りが良ければ好調と判断して良いのでは?

結果5

直線でのダノンバラードの斜行が物議を醸し出していますが、今後、こういうケースは沢山あると思います。

ただ、今回は不利を受けたトランスワープが2着のままゴールしたからまだマシですけど、不利を受けた馬が3着とか、はたまた馬券圏外の4着以下に負けてたら、今回どころの騒ぎじゃなくなります。それがG1レースだったら尚更です。

しかし、こういうケースは今後必ず100%起こります。その時、JRAは?

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)