馬場直前情報(2013年1月11日(金)正午現在の情報)

シェアする

まずは、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方で先週のレースを見ての個人的な感想です。

中山の芝コースは、去年のこの開催と同じく、ペースによって有利不利は変化するものの、馬場としてはフラットでした。今週もフラット想定です。

京都の芝コースは、去年の開幕同様に、ペースによって有利不利は変化するものの、馬場としてはフラットでした。去年は開幕翌週から内優勢が顕著に出てきたので、今年も今週から内優勢が顕著に出るかも知れませんし、このままフラットが継続するかも知れません。ここら辺に関しては、現時点で予測するのは難しいので、実際にレースを見て判断するのが良いと思います。

では、今週の馬場情報です。

スポンサーリンク

◆中山競馬場

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:1週使用しましたが、芝の傷みも少なく全体的に良好な状態です。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm(障害コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

■使用コース:Cコース(Aコースから6m外に内柵を設置)

■気象状況:
今週は0.5ミリ以上の降水を観測していません。

■作業内容:
(1)芝コース
・7日(月)、9日(水)、10日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(2)ダートコース
・4日(金)コース全面に凍結防止剤を散布しました。

(3)障害コース
・7日(月)芝の生育管理のため散水を実施しました。
・7日(月)肥料を散布しました。
・9日(水)ローラーを用いて1号坂路~3号坂路までの向正面部分内側および4コーナー内側の凹凸を修正しました。

◆京都競馬場

■天候:晴

■馬場状態:(芝)良(ダート)良

■芝の状態:向正面中間から内・外回りの3コーナーにかけて、内側に部分的な傷みが出始めました。

■芝の草丈:(芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm(障害コース)野芝約10~12cm

■使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

■気象状況:
今週は0.5ミリ以上の降水を観測していません。

■作業内容:
(1)芝コース
・9日(水)肥料を散布しました。

(2)ダートコース
・9日(水)~11日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
・特記する作業はありません。

以上、JRA馬場情報より

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)