2013年シンザン記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2013年シンザン記念成績はこちら

⇒ 2013年シンザン記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2013年シンザン記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2013年シンザン記念.gif

結果3.gif

このレースの結果だけを見ると内優勢のように見えるも、この週はペースによって有利不利が変化する馬場。このレースがスローペースだったのならUSで良いと思うけど、このレースはある程度ペースが流れたので、見た目はUSでもこ週の馬場傾向から力勝負レースと判断した。

結果4.gif

1枠2番エーシントップ「地力馬」
力勝負で1着。巷では「内優勢の馬場を内枠からロスなく逃げれたから勝てたのだ」という評価になっているようなので、次走で重賞2勝馬らしからぬ不当なオッズになるようなら積極的に狙ってみたい。

6枠12番ヘミングウェイ「地力馬」
力勝負でタイム差なしの2着。巷では「内優勢の馬場を池添騎手の好騎乗でロスなく乗られたからからだ」という評価になっているようなので、次走で重賞2着馬らしからぬ不当なオッズになるようなら積極的に狙ってみたい。

3枠5番タマモベストプレイ「地力馬」
力勝負で3着。前走で地力勝負の500万勝ち馬だけに当然の結果。

7枠14番カオスモス「個人的注目馬」
結果的に外枠だったのが敗因かも知れないけど…。このレースが内優勢だったのかは、この馬の次走結果で判明する。そういった意味でもこの馬の次走に注目。

結果5

巷では、「京都の芝コースは、内ラチ沿いにグリーンベルトがあって圧倒的に内有利だった!」と言われているようですけど、個人的にはそんなに騒ぐほど内優勢には思えず、ペースによって有利不利が変化するフラットな馬場だったと判断しました。

もし、そこまで内優勢だったのだとしたら、エゲツナく強い競馬をした馬が何頭も居たことになります。さすがにそんなワケないでしょう(笑)

一度使われたことで、来週は去年のように内優勢が顕著に出るかも知れませんが、今週に限ってはそこまで内優勢ではなかったハズです。もし本当に今週がそこまで内優勢だったのだとしたら、今週外を回した馬が次走バンバン走るハズです。

2012年のデイリー杯2歳Sが行われた週の京都(2012年10月6日,7日,8日の3日間開催)で外を回した馬が次走でバンバン走ったように。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)