【勝負レース解説】2012年12月15日(土)中京8R

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!のスキルを使って、僕が実際に勝負したレースの解説をします。

これを事前に公開できれば一番良いのでしょうが、以前にも書いた通り、僕はレース当日、しかもそのレースの直前にならないと予想を始めることが出来ません。

なぜなら、事前に予想してても、想定してた馬場傾向と実際の馬場傾向が違ってたら予想を一からやり直さないといけないからです。これがとっても非効率に思えるんです。

「それやったら最初っからレース直前の馬場傾向を見てから予想すればエエやん!」ってなって、今ではレース直前になるまで狙ってた馬が出走してることすら知りません(汗)

こんな具合なので、事前に公開することが出来ずに、後出しになることをご了承ください。

ただ、実際に僕がどんな風にして「栄光の競馬新聞」を使っているのか、どんな手順で勝負馬を選んでいるのかなどは、参考になると思います。

これまでは、内優勢の馬場での勝負レースばかりの解説でしたので、今回は、外優勢の馬場での勝負レースを解説します。

スポンサーリンク

【勝負レース解説】2012年12月15日(土)中京8R

勝負1.gif

今開催の中京の芝1400m戦は、「能力を秘めた外枠の差し馬が断然」だということは、金曜日に更新している馬場傾向の記事で、2週連続で書いた通りです。

勝負2.gif

もの凄くシンプルに、能力を秘めた外枠の差し馬を探しました。

(1)外枠(6~8枠)
(2)差し・追い込み馬
(3)近走で「SS」「差」「力」で補正タイムの高い馬

※補正タイムの詳細については、こちらのPDFでご確認ください。基本的には、「大きな数字を出している馬が能力が高い」という判断をしてもらって大丈夫です。

とってもオーソドックスですけど、この3つの条件に当てはまる馬を探します。

実際に、こんな馬が居ないかを「栄光の競馬新聞」で探してみてください。

では、具体的に見ていきましょう。

外枠の馬をチェックする場合は、僕は大外枠の馬からチェックしていくようにしています。

18番のヨドノグレイスは、15週の間隔が開いての出走の時点で割り引きですが、前走が「前」で勝っていて、前々走は「SS」で逃げて凡走。明らかに違いますね。

17番のサヴァーレは、58週の長期休養明け初戦な時点で軸馬になりません。

16番のナガレボシイチバンは、前走1200mの「SS」で追い込んで2着と好走。距離延長が気になりますが、補正タイムの「99」を上回る馬がいなければ、この馬を軸馬にすることも考えます。

16.gif

15番のコスモソウタは、前2走が地方のダート戦で能力が分からない時点で軸馬に指名しません。(ちなみに、中京の芝は前走ダート戦出走馬が馬券になりやすいです。これは、中京の芝がパワーの要る馬場になることが多いからです。なので、ヒモ穴狙いで連勝馬券を買うなら、前走ダート戦出走馬を入れておくと、思いがけない大穴馬券をゲットすることができます。参考まで。)

14番のヴィーヴァサルーテは、18週の間隔が開いての出走の時点で割り引きですが、前走が「US」で差して1.2秒負けは度外視で、前々走は重い札幌の1200m戦の「力」で追い込んでの3着で、補正タイムは「98」。16番の方が補正タイムが上なので脱落です。

13番のガディーシャは、前2走が地方のダート戦で能力が分からない時点で軸馬に指名しません。

12番のシェルエメールは、前走1400mの「差」で差して2着と好走。補正タイムの「101」は、16番の「99」より上回っているので、16番に変わってこの馬が軸馬候補になります。また、黛騎手からウィリアムズ騎手への乗り替わりは、とんでもないプラスです。

12.gif

11番のアグネスマチュアは、前走1400mの「力」で追い込んで5着。補正タイムが「112」と大きな数字になっているのは、前走のクラスが1クラス上の1600万クラスだったからです。前々走の1000万クラスのレースでは、補正タイムは「94」ですから、前走の補正タイムは、高く出過ぎているように思いました。あと、前走から連闘なのも気になります。

11.gif

あと、5枠になってしまいますけど、10番のコリーヌは、前走、同じ中京1400mの「SS」で追い込んで2着と好走。補正タイム「103」と、前走で1クラス上のレースを使っていた11番を除いては、メンバーで一番良い補正タイムをマークしています。ただ、この馬も前走から連闘なのが少し気になります。あと、10番と少し内目の枠ですし。

ということで、条件をクリアーして、かつ、補正タイムが最も高いのは、11番のアグネスマチュアになるんですが、

(1)前走が1クラス上のレースで補正タイムが高く出過ぎている点
(2)連闘である点

が気になったのと、それ以上に、

(3)12番のシェルエメールのウィリアムズ騎手への乗り替わり

が魅力すぎて、12番シェルエメールを勝負馬に指名して勝負馬券を購入しました。

勝負3.gif

2012年12月15日中京8R.gif

※購入金額はモロモロの事情で消しています。ただ、何万とか何十万とか何百万とかでは決してないです。人並みか、それ以下の金額です(汗)

勝負4.gif

結果は、シェルエメールが1着で、単・複的中。アグネスマチュアはハナ差の2着でした。

で、最後に本当のことを書きますが、実は、実際には上のように1頭ずつ細かくチェックしたワケではありません。

実際には、とにかく、

(1)外枠(6~8枠)の差し馬で、
(2)前2走で補正タイムの高い馬(100以上のピンク色を探す。居なければ次点の黄色を探す)

この2つを見ます。

ですので、このレースの場合は、「栄光の競馬新聞」をチラ見した時点で、10,11,12のどれかが軸馬候補と瞬間的に決まりました。

で、この後、この3頭について、上で書いたような検討をして軸馬を決めました。

なので、実際に掛かった予想時間は、1分ぐらいなモンです(笑)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)