平場戦からの次走以降の注目馬 - インプロヴァイズ

シェアする

【次走以降の注目馬】として、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的に気になった馬や次走以降で狙いたい馬を、次走で人気になりそうとか人気にならなそうとかは一切考えずにピックアップしてみたいと思います。

2012年12月1日(土)中山9R 葉牡丹賞9着 インプロヴァイズ

圧倒的人気の単勝1.7倍だったので、もちろん馬券は買ってませんけど、新馬戦からのこの馬のパフォーマンスから、このメンバーには負けないだろうと思ってレースを見ていました。しかし、スローの内優勢を先行してB回す順馬もなぜか直線で止まってしまって0.7秒差の9着惨敗。

あれ?何でやろ?距離が長かったのか?急坂がダメだったのか?そもそも調子が悪かったのか?パドック映像を見返してみると、調子が悪い様子ではなく、逆に調子は良かったんじゃないかと思えるほど。じゃあ、何が原因なのか?

某有名競馬情報サイトの掲示板では、ソエが・・・とか、距離が・・・とか、調子が・・・とか、掛かったから・・・とか、ムーアの乗り方が・・・とか、色々と書かれてますが。

ここからはあくまで個人的な仮説ですけど、レースを見返してみて、現状では右回りがダメなんじゃないかと思いました(これまでの3戦は全てが左回りで、今走が初めての右回りでの競馬)。この馬、右手前で走ると凄い脚を使えるんですけど、左手前で走るとダメみたいです。

これまでの3戦は左回りなので、コーナーで左手前で走って、直線は右手前で走っていました。で、右手前に変えてからの伸び脚が凄かったんです。今走は右回りなので、コーナーで右手前で走っていて、直線で左手前で走ることに。で、右手前で走ってたコーナーでは、掛かっているように見えるぐらい行き脚があって、道中2番手からの競馬になりましたが、勝負処の最後の直線で左手前になってから伸びあぐねました。
直線の急坂がダメとか、コーナー4回がダメとかも考えられますけど、個人的には、直線が右手前で走れる左回りの時こそ、あの凄い脚が使えるんじゃないかとの仮説を立てました。

ということで、この惨敗で人気が下がった後の左回りのレースで、狙いすまして馬券を買ってやろうかと企んでいます(笑)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)