2012年ジャパンC重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年ジャパンカップ成績はこちら

⇒ 2012年ジャパンカップレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年ジャパンカップ全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012年ジャパンC.gif

結果3.gif

前日よりも内優勢な馬場傾向に。ペースが緩んだことも重なって、コーナーで外を回す距離ロスが結果に影響を与えた印象。

結果4.gif

8枠15番ジェンティルドンナ「個人的注目馬」
不利な15番ゲートもスタートを決めて1コーナーでは逃げ馬の直後の最内を回すポジションに。岩田騎手の好騎乗でもあるけど、おっつけることなくスムーズに先行できたのは、馬自身の性能の高さゆえ。しかし、オルフェーヴルとは、①斤量差,②距離ロス,③鞍上,④手応え、これら全てがオルフェーヴルにマイナスで、それでいてハナ差ということは、力が1枚以上違うことを意味する。

8枠17番オルフェーヴル「逆馬」
不利な大外枠から折り合い重視のために馬の後ろに入れなければならず、ジェンティルドンナやトーセンジョーダンのように内を取りに行くことが出来ず、終始外々を回らされるロスある競馬を強いられた。しかし、それでも最大限ロスの少ない競馬が出来たように思う。残り800m標識あたりで池添騎手がチョンと手綱を通して合図を送ると瞬時に反応して加速し、ほぼ馬ナリのまま直線の立ち上がりでは2番手集団の先頭に。そこから直線もムチを使ってまで追うことはなく、内からジェンティルドンナに身体を当てられた後もムチを一発も入れることなくゴール。ひょっとしたら、池添騎手がジェンティルドンナの降着を確信していたのかも知れない。このレースを見て、改めてオルフェーヴルがバケモノだということを思い知らされた。体調が上向く次走の有馬記念が去年と同じようなフラットな馬場で行われたら、3コーナーから馬ナリで大外をマクって4角先頭で、そのままほぼ追うことなく5馬身以上のブッチ勝ちをしてしまいそう。それぐらい他馬との力差を感じた。

7枠13番ルーラーシップ「逆馬」
ゲートに入ってからずーっと後肢に体重を乗せているので、必ず立ち上がるようなスタートになって出遅れることになる。最後方の位置を利して内に切れ込み、コーナーでの距離ロスを無くせる最内に進路を取ったのはウィリアムズ騎手の好判断。直線は大外に出して追うも、3着をキープするのがやっと。出遅れさえなければ、現役の日本馬ではオルフェーヴルの次に強い馬という評価は変わらない。

5枠10番ダークシャドウ「逆馬」
3~4コーナーでCを回したロスの分、3着馬に差されてしまった。ただ、絶対能力として現時点ではこの順位じゃないかと思う。

結果5

個人的な各馬の見解は上に書いた通りなので省略するとして、例の直線での審議について、個人的に毎週必ずチェックしている「元騎手・坂井千明さん」のブログに書かれていたことが全くその通りだなーって思ったので、坂井千明さんのブログから、その部分をそのまま引用してご紹介します。

<—ここから—>

まずは、直線で岩田のジェンティルドンナが外側に斜行して、池添のオルフェーヴルと接触した件について。岩田が2日間の騎乗停止処分を受けただけで、着順の変更には至らないという裁定だったけど、僕に言わせると、岩田からしてみれば“してやったり”、池添からすれば“やられて悔しい”といったところかな。

オルフェーヴルは直線で内に寄って行っているよね。内にモタれていたという感じはなかったから、池添が内に寄せて行ってジェンティルドンナの進路を閉めにかかっていたということ。どうせ閉めるのなら、もうワンテンポ、もう一完歩でも早く内に寄せていたら、ジェンティルドンナの進路もうまく塞げていただろうし、ぶつけられずに済んだと思う。内に寄せるタイミングが微妙に遅れたことで、1頭分、抜け出せるスペースができてしまったからね。

ただ、何度もオルフェーヴルにぶつけに行った岩田の行為は、僕個人としてもあまりいい印象を受けないな。競馬はスポーツではなく勝負事だから、勝つために相手の邪魔をする(もちろん進路妨害にならない程度に)ことはあって当然だと思うんだ。でも、あそこまでぶつけられたらバランスが崩れて走りに大きく影響するもの。今回にしても、オルフェーヴルはぶつけられたせいで手前を替えているんだからね。

むしろ、ぶつけた相手がオルフェーヴルだったからこそ、ジェンティルドンナは降着にならずに済んだとも言える。並の馬だったら、あれだけぶつけられたら完全にバランスを崩していたはず。そうなれば完全にアウトだよね。それから、池添が手綱を引っ張ったり立ち上がったりして、不利を受けたのをアピールしていたら結果は違っていたかもしれない。誰とは言わないけど、ちょっとした不利でも大げさに立ち上がってみたり、手綱を引っ張ったりするような乗り役は実際にいる。あそこで一旦手綱を引いて、そこから追ったとしても3着のルーラーシップとは差があったから、余裕で2着だっただろう。それで岩田がアウトなら、繰り上がりで1着でしょ。池添にそういうズルさがあったなら…とも思うけどね。

現在の降着のルールは「加害馬が被害馬の競走能力に重大な影響を与えたと裁決委員が判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着」というもの。オルフェーヴルは重大な影響を受けたし、あの不利がなければオルフェーヴルが勝っていたと僕は思う。それでも今回、ジェンティルドンナは降着にならなかった。来年からは「走行妨害がなければ被害馬が加害馬に先着していたと裁決委員が判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着」という基準に変わるから、余計に裁決が難しくなるだろうね。

(元騎手・坂井千明さんのブログ:不利がなければオルフェーヴルが勝っていたより)

<—ここまで—>

見方,考え方は人それぞれだと思うので、僕はどーのこーの言いません。ただ、【ぶつけた相手がオルフェーヴルだったからこそ、ジェンティルドンナは降着にならずに済んだとも言える。】というのは、僕も改めてパトロールビデオを見てそう思いました。

並みのG1馬なら大きくバランスを崩して騎手が落馬するなり、バランスを保つために立ち上がっていたりしたでしょう。でも、オルフェーヴルの四輪駆動走法の安定した姿勢から、池添騎手はぶつけられてからもフツーに乗っていられた。結果的に、それが降着にならなかった大きな理由でしょう。落馬してたら間違いなく失格だったでしょうから。

そういう意味でも、オルフェーヴルは凄い馬です。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)