2012年毎日王冠重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年毎日王冠成績はこちら

⇒ 2012年毎日王冠レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年毎日王冠全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012年毎日王冠.gif

結果3.gif

ハイペースの縦長馬群で力勝負。

結果4.gif

2枠4番カレンブラックヒル「地力馬」
古馬と同斤量の56kgを背負って、ハイペースの地力勝負を先行しての1着は、素直に強さを認めるべき。今秋のG1では、他馬が斤量増になるのに対して、この馬は同斤量の56kgを背負って出走できるので、斤量面で非常に有利になる。頭の低い走法で、このレースも坂を上がってからもうひと伸びしたことから、天皇賞(秋)やマイルCSは向いているコースと言える。

結果5

このレースに関しては、勝ったカレンブラックヒルの次走にもの凄く興味があるということぐらいでしょうか?

「頭の低い走法の馬は、東京と京都が得意。逆に、直線に急坂のある中山や阪神は不得意」については、あくまでも個人的な感覚だけで詳しくデータを取ったワケではありませんが、意外と真実な気がしている今日この頃です。

カレンブラックヒルが大敗するのは、中山や阪神で行われるG1,G2レース(中山記念とか、大阪杯とか、宝塚記念とか)じゃないかと。

なので、逆に東京や京都で行われるレースは、例えG1レース(天皇賞秋とか、マイルCSとか)であっても大敗してほしくないというのが僕の個人的な願いです。

あと、ストロングリターンエイシンフラッシュは、ハイペースの力勝負で長く脚を使わないといけないレースになるとダメ。馬群が凝縮して一瞬の瞬発力を発揮するレースが最も力を発揮できる。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)