2012年スプリンターズS重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年スプリンターズS成績はこちら

⇒ 2012年スプリンターズSレース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年スプリンターズS全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012年スプリンターズS.gif

結果3.gif

5頭が横一列で先行争いをしたことで先行馬にとっては非常に厳しいレースになった。G1でレベルが高いのは当然も、近年稀にみる厳しいレースで非常に高レベルだった可能性が高く、最下位の馬まで含めて、次走注意したい。ちなみに、最も厳しい競馬をしたのは横一列で先行した5頭の一番外を回したダッシャーゴーゴー。

結果4.gif

8枠16番ロードカナロア「地力馬」
前がやり合ったこと(自厩舎の作戦?)によって地力勝負となったが、馬場的には内優勢だったのも事実。それを大外枠から強い2着馬と同じく外を回して差し切ったのは、完全マークをしたとは言え強い。これからのスプリントを背負っていくのは間違いない。

7枠14番カレンチャン「地力馬」
前がやり合ったこと(自厩舎の作戦?)によって地力勝負となったが、馬場的には内優勢だったのも事実。それを外枠から先行して外を回す超強気な競馬をして0.1秒差2着は、完全マークで差し切られたとは言え、勝ち馬と遜色ないというか、それ以上。パドックでは大人しくなってしまって闘争心が無くなってしまったのかと心配したけど、レースではまだまだ強いカレンチャンだった。

3枠15番エピセアローム「個人的注目馬」
1,2着馬には敵わないも、外を回して4着は非常に立派。

3枠5番ラッキーナイン「個人的注目馬」
外を回した馬の中では一番後方から上位入線。フツーに強い馬やと思うよ。

3枠6番エーシンヴァーゴウ「個人的注目馬」
厳しい先行争いになったのでこの敗戦は仕方なし。直線で前が壁になって追えない場面があったが、一瞬3着はあるかと思わせた。

その他、出走全馬「個人的注目馬」

結果5

レースコメントに書いた通り、5頭が横一列で先行争いをしたことで先行馬にとっては非常に厳しいレースになりました。

G1レースでレベルが高いのは当然ですけど、このレースに関しては近年稀にみる厳しいレースになって、非常にレベルの高いレースの可能性が高く、最下位のダッシャーゴーゴーまで含めて、次走注意したいと思います。

ちなみに、ダッシャーゴーゴーに僕が残したコメントは、『外枠から先行して3コーナーまで引かずに厳しいレースを演出。外枠に入った同厩舎の1,2着馬の援護をしたと言われても否定できないムチャな競馬。』

巷でどんな風に言われてるのか知りませんけど、個人的には、ロードカナロアとカレンチャンのために自爆させられたと思ってます。

重賞レース解説でも書いた通り、僕はこのレースでダッシャーゴーゴーを買ってなかったんですけど、ダッシャーゴーゴーの馬券を握りしめて応援していた人たちにとっては、後味の悪いレースになったんじゃないかと思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)