2012年新潟記念重賞レース回顧

シェアする

【重賞レース解説】をしたレースの結果と、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、「逆馬」「地力馬」と個人的に気になった馬をピックアップします。

結果1.gif

⇒ 2012年新潟記念成績はこちら

⇒ 2012年新潟記念レース映像はこちら
*レース映像は、新馬戦と特別レースに限ってJRAホームページのレース結果のページから無料で見ることができます。

⇒ 2012年新潟記念全周パトロールビデオはこちら
*重賞レースに限っては、パトロールビデオとして正面からの映像を見ることができます。

結果2.gif

下の一覧表の右端の3つの印【印/C/直】は、「栄光の競馬新聞」のオリジナル表記【レースの有利不利/コーナー部コース/最後の直線部コース】と同じです。

*この表記の意味については、⇒ こちらのPDFをご参照ください。

2012年新潟記念.gif

結果3.gif

直線でほぼ全馬が中~外に拡がって走っていたので、一般的には外優勢の馬場だったと誤解されがちも、【アナログ予想講座】逆馬を探せ!のメソッドで最も重視している「コーナー部コース」を見ると、上位入線馬は“内”を回していることが分かり、次に重視している「通過順位」を見ると、上位入線馬は“先行”していることが分かる。また「直線部コース」を見ても、上位入線馬は馬場の“中”を走っている(このレースで直線で内を走ったのは逃げたケイアイドウソジン1頭だけ)ことから、このレースは「US:内先行優勢のレース」と判断できる。ペースが遅くなって、枠ナリに外を回されることになった外枠の馬たちにとっては厳しいレースになった。

結果4.gif

8枠16番トーセンラー「逆馬」
スローのUSを外枠から57kgを背負ってC回すロスあって0.2秒差は、やはりこのメンバーでは力が上。強い競馬をしながらも勝ち切れないのは差し馬の宿命。

5枠10番エクスペディションやや「逆馬」
57kgを背負って10番枠からB回して0.1秒差なら、斤量と距離ロスを考慮すると上位3頭よりも上の評価をすることができる。

8枠17番トウカイパラダイス「個人的チェック馬」
0.5秒差はちょっと負け過ぎな感あるも、外枠からロスある競馬したのは事実。G3での力上位は前走で証明済。

結果5

さすがに最終週にもなれば、今までよりも少々力の要る馬場になって“断然”の内優勢馬場からノーマルの内優勢馬場に悪化(…笑)しました。

外回りコースではこれに加えて直線が長いということもあって逃げ馬が粘ることができずに外からの差し馬が台頭しました(東京のように)。しかし、その差し馬の多くはコーナーでは内をロスなく回している馬が多かったのも事実で、やはりこの夏の開催を通して、新潟の芝は内優勢の馬場傾向が続いたということは覚えておきたいところです。

ただ、次の中山開催も過去の傾向では内優勢の馬場になることが多く、新潟で外を回して頑張った差しタイプの「逆馬」たちにとっては、残念ながら引き続き厳しい馬場での競馬を余儀なくされそうです。

かと言って、その次の東京開催も基本的には内優勢(開幕週だけはフラットになるかも?)になるでしょうから、夏の新潟の差しタイプの「逆馬」たちの活躍の場は・・・

(1)涼しくなって芝の育成が止まって内優勢が影を潜めるであろう次の新潟開催
(2)その次の福島開催
(3)差し馬にとって一番相性の良い中京開催
(4)同じく差し馬にとって相性の良い阪神外回りコース

この辺りになると思います。

最後に、これは以前にガンセの記事でも書きましたが、復習のためにももう一度そっくりそのまま転載しておきます。

●差し馬の場合、能力が高くても馬場に泣かされて勝ち切れない。
●差しが届く馬場は想像しているよりも多くないので、差し馬は勝つチャンスが少ない。
●よって、強い馬でも勝ち切れない差し馬がゴマンと居る。

逆に考えれば、

◎日本の競馬は逃げ先行馬が圧倒的に有利である。

◎よって、馬券は逃げ先行馬から買うべきである。

ということです。

もちろん、これらは当日の馬場を見極めた上で馬券に反映させるべきでしょうけど、“基本的に”は、このスタンスで(が)良いと思います。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)