2012年新潟記念重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的に注目している「逆馬」「地力馬」をピックアップします。

予想1.gif

8枠16番トーセンラーやや「逆馬」

小倉記念(G3ハンデ):2着/0.4/8-7-6/SS/AB/中

レースコメント:ペースによって有利不利が変化するフラットな馬場で、特に周回コースで差しが届く馬場傾向。このレースはペースがソコソコ流れたことと内を回した先行馬がタレたことで外差し優勢になった。

チェックコメント:差す競馬も上位馬の中では唯一内々を回して若干スムーズさを欠いた競馬をした。スムーズな競馬をしていたら0.4秒もの差は付いていなかったハズで、もっと接戦になっていたと思われる。2kgの斤量差もあったし。

8枠17番トウカイパラダイス「逆馬」

函館記念(G3ハンデ):4着/0.3/6-7-6/CU/BD/外

レースコメント:内優勢の馬場傾向の中、ペースが速くなったことでコーナー部内有利になった。

チェックコメント:コーナーでのロスを単純に補正すれば1着。外を回したのは馬の手応えが非常に良かったから騎手が過信してしまったもの。G3では力上位は明らかでこの4着で少しでも人気が下がればオイシイ。

予想2.gif

新潟の外回り2000mはスローになることが多く、前に行った馬が残りやすいコースです。で、今開催の新潟は、馬場傾向で毎週毎週書いている通り、内優勢(コーナーで内を回さないと厳しい馬場)が続いています。

ということで、

(1)前で競馬する(逃げ・先行馬)
(2)コーナーで内を回せる

こんな馬で、更に今の馬場適正にマッチしている

(3)近走で「US」「CU」「内」で好走している軽い馬場に適性がある馬

こんな馬を見つけたいところです。

先に挙げた2頭は、どちらかと言うと差し馬に分類されると思うので、(1)に当てはまらなくて、更に、外枠から中段の位置取りになるとコーナーで外を回されることになるので、(2)にも当てはまらなくなります。それで人気となると、個人的には買いたくないです。

トウカイパラダイスが先行すれば・・・とも思いますけど、柴山騎手は外を回しがちな騎手(前走が正にそう!)なので、先行しても外を回しそうで個人的には買いにくいです。

では、上の3つに当てはまる馬と言えば・・・

01.トランスワープ(3走前までのように先行できれば。内を意識する大野騎手)
06.ケイアイドウソジン(能力不安も)
18.スマートシルエット(大外枠も内を意識する岩田騎手)

この3頭かな?と。

ということで、個人的にはこの3頭で考えたいと思います。

追記:うーん、土曜の競馬を見る限り、これまでのような断然内優勢では無くなってるような気がする。日曜日の競馬も見て馬場をチェックすべきと思います。

・・・

小倉2歳Sは、フツーに考えれば地力勝負馬場で逃げて圧勝してきたエーシンセノーテが最有力だと思います。でも買えるオッズにはならないでしょうけど・・・(苦笑)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)