2012年キーンランドC重賞レース解説

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!的なレースの見方をして、個人的に注目している「逆馬」「地力馬」をピックアップします。

予想1.gif

4枠5番ダッシャーゴーゴー「個人的注目馬」

CBC賞(G3ハンデ):3着/0.2/8-9/外/C/外

レースコメント:雨の影響が色濃く出て、外枠発走からコーナー部で外を回した馬が上位を独占。内枠発走からコーナーで内を回した馬には厳しいレースになった。

チェックコメント:パドックを見る限り休養明けでも仕上がりは良かった。外枠から有利な外を回すも、ハンデが重かった分の負け。

6枠10番シュプリームギフト「逆馬」

UHB賞(OPハンデ):1着/-0.3/3-3/US/C/中

レースコメント:内先行優勢。

チェックコメント:51kgの軽ハンデとは言え、USを先行もC回すロスあって0.3差圧勝。レコードに0.2差。

7枠11番テイエムオオタカ「地力馬」

札幌日刊スポーツ杯(1600万):1着/-0.2/3-2/力/C/中

レースコメント:力勝負。

チェックコメント:特になし。

8枠13番ドリームバレンチノ「地力馬」

函館スプリントS(G3):1着/-0.1/6-4/力/C/中

レースコメント:この週は土日を通してフラットな馬場状態だった。

チェックコメント:2着馬とは違って非常にスムーズな競馬をしての1着。矢作厩舎の2頭が2着馬を内に押し込めてくれた好アシストがあっての勝利。

予想2.gif

A→Cコースへのコース替わりで、かなりのハイペースにならない限りは、圧倒的に内優勢の傾向だった先週の札幌芝コース。今週もそれほど大きな変化があるとは思えないので、このレースも内優勢の馬場傾向で行われると考えています。

で、このクラスになると「かなりのハイペース」になることは考えにくいので、確実に内をロスなく回せる馬、つまり、

(1)内枠の馬
(2)外枠でも逃げる馬

が狙い目になります。

ってことで、(1)内枠の馬なら重賞ランク馬であるパドトロワダッシャーゴーゴー、(2)外枠でも逃げる馬ならテイエムオオタカ、この辺りが狙い目になりそうです。

シュプリームギフトは内枠なら面白いかなーって思ってたけど、外枠になってしまったので個人的に評価を下げます。

ドリームバレンチノは、余程のハイペースになって地力が問われるレースになれば勝てるでしょうけど、外枠になったこと以上に、今の内優勢で時計の速い札幌の芝はこの馬には合わないように思うので、どっちにしろ評価は下げます。

前走よりも馬体を造ってきたダッシャーゴーゴー。どうやら今年はサマースプリント王者を狙ってるみたいですね。G1のスプリンターズSは勝てないと踏んでるんでしょうかね?

↓前走のCBC賞前のダッシャーゴーゴー
ダッシャーゴーゴー.jpg

↓今走のキーンランドC前のダッシャーゴーゴー
ダッシャーゴーゴー.jpg

パドトロワも、もの凄く太く見えた2走前の函館スプリントSから比べれば随分と絞れてきたように見えます。

↓2走前の函館スプリントS前のパドトロワ
パドトロワの函館SS.jpg

↓今走のキーンランドC前のパドトロワ
パドトロワのキーンランドC.jpg

ただ、2頭ともサスガに人気ですねー(苦笑)。馬券は買えないかも?

・・・

新潟2歳Sは、馬場は内先行優勢で間違いないと思いますけど、サスガにワカリマセン(汗) 

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)