【勝負レース解説】2012年7月21日(土)新潟12R

シェアする

【アナログ予想講座】逆馬を探せ!のスキルを使って、僕が実際に勝負したレースの解説をします。

これを事前に公開できれば一番良いのでしょうが、2012年七夕賞の個人的総評でも書いた通り、僕はレース当日、しかもそのレースの直前にならないと予想を始めることが出来ません。

なぜなら、事前に予想してても、想定してた馬場傾向と実際の馬場傾向が違ってたら予想を一からやり直さないといけないからです。これがとっても非効率に思えるんです。

「それやったら最初っからレース直前の馬場傾向を見てから予想すればエエやん!」ってなって、今ではレース直前になるまで狙ってた馬が出走してることすら知りません(汗)

実は、今日ご紹介する2012年7月21日(土)新潟12Rも、11Rが終わった後に初めて出走表を見て、狙いたかった馬が出走していることを知りました(汗)

こんな具合なので、事前に公開することが出来ずに、後出しになることをご了承ください。

ただ、実際に僕がどんな風にして「栄光の競馬新聞」を使って予想しているのか、どんな思考をして勝負レースを決めているのかなどは、参考になると思います。

スポンサーリンク

【勝負レース解説】2012年7月21日(土)新潟12R

勝負1.gif

まず、この日の新潟競馬場の芝コースは、前週に引き続いて明らかに内優勢の馬場傾向に思えました。特に内回りコースは、内優勢が顕著に出ているように感じていました。

直前の11R(内回り2200m)は、レコードに0.1秒差の好時計でありながら、最内を回した逃げ馬が逃げ切り勝ちをしたことで、内優勢を確信できました。

内優勢の馬場ということに確信が持てたので、僕はここで初めて12Rの「栄光の競馬新聞」を開きました(笑)

勝負2.gif

内を回せる逃げ先行馬が有利なので、

(1)内枠(馬番1~6番)
(2)逃げ先行馬
(3)近走で「US」「CU」「内」で先行して好走している馬

とってもオーソドックスですけど、この3つの条件に当てはまる馬を探します。

実際に、こんな馬が居ないかを「栄光の競馬新聞」で探してみてください。

では、具体的に見ていきましょう。

1番の2番人気サトノディライトは、ここ3走続けて好走していますけど、どちらかと言うと差しタイプで、しかも好走した3走のレースタイプが「外」「力」「力」。ちょっと違う感じです。

2番のエーティーランボーは、差しタイプで、降級の前走が「US」で惨敗。3走前に上のクラスで4着と好走してますけど、その時のレースタイプは「力」。ちょっと違う感じです。

3番のマウントビスティーは、先行タイプですけど前走「US」で惨敗。5走前に「CU」で未勝利勝ちをしてますけど、2走前の現級での「US」では逃げて6着に負けています。この馬もイマイチ。

4番のコスモアクセスは、先行タイプで、前走0.8秒も負けていますけど「SS」で先行して厳しいAを回してのこと。僕が書き残したチェックコメントは、『2番枠からHペースのSSを自ら作って馬場の悪いA回した。離されたけど4着は逆に立派。』

2走前は「US」を先行も15番枠だったこともあって「C」を回すロスある競馬。僕が書き残したチェックコメントは、『USを15番枠から先行もC回すロスあって0.3差は1着タイ。降級馬レベル低い500万なら勝てる。』

鞍上は、内を意識して乗ってくれる僕としては買いやすいジョッキーの一人である柴田大知騎手。全てが、「この馬を買いなさい!」状態でした(笑)

5番のキングダムキングは、馬柱を見てもらえれば分かる通り、何一つ買う要素なし。

6番の1番人気トランネージュは、休養明け初戦、差しタイプ、過去5走の3着以内好走時のレースタイプが「SS」と、僕的には買う要素はなし。でもなぜか1番人気。

7番より外の馬ですが、見てもらったら分かる通り、

(2)逃げ先行馬
(3)近走で「US」「CU」「内」で先行して好走している馬

の両方をクリアーする馬が居ません。

ということで、全ての条件を完璧にクリアーしている4番のコスモアクセスを買わずしてどうする!という結論に至りました。で、オッズを見たら4番人気。「何で?」って感じです(笑)

勝負3.gif

2012年07月21日新潟12R.gif

※購入金額はモロモロの事情で消しています。ただ、何万とか何十万とか何百万とかでは決してないです。人並みか、それ以下の金額です(汗)

勝負4.gif

好スタートを決めて、別に逃げてしまってもOKやけど、出来れば逃げ馬の直後の2列目Aコース、最悪でも3列目Aコースでロスのない競馬をして、直線に向いてから1頭分だけ外に出して逃げ馬を捉える感じの競馬をして欲しいなーって思いながらレースを見ましたが・・・

大知ジョッキー、完璧!素晴らしい!!

レーシングビュワーなどでレースが見れる方は、ぜひレースを見てみてください。

1回目ということで、かなり詳しく書きましたが、何となくでも「栄光の競馬新聞」を使って狙い馬を見つける手順が掴めましたでしょうか?

ちなみに、2012年7月22日(日)の僕の勝負馬は、新潟10R 01.クリーンエコロジーでした。この馬を狙った理由も、上記とほぼ同じです。ぜひ、「栄光の競馬新聞」を見直して、今回と同じように分析してみてください。このレースは何頭かで迷うかも知れませんけど、多分その迷った馬も馬券になってますよ!(笑) 

2012年07月22日新潟10R.gif

出遅れてなければ勝ってたと思うけどなぁ~・・・でもこればっかりは仕方ない。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)